じぶん更新日記

1997年5月6日開設
Copyright(C)長谷川芳典

Top(1997年以降の過去日記等へのリンク)|2018年01月のインデックス連載記事
常用リンク|高速道路情報NEXCO西日本ライブ映像
|天気日本気象協会ウェザーニュースpm2.5気象庁データ
|gmail人形峠気象状況ドラマの部屋
レーダー気温・雨量Top10天気図地震情報デジタル台風アストロアーツ
青空文庫Yahoo!ジオシティーズMY
Web本棚ウィキペディア(Wikipedia)地図weblioはせぴぃアンテナ
旅と自然のアルバムindexhasepおでかけガイドフォートラベル

hasep植物図鑑hasep昆虫図鑑楽天版アルバム書庫昭和30年代の写真日記
|(更新報告専用→)|TWItwitter楽天プロフィール



【本日の話題】光るピーチユニオン/自分とは何か(4)私的事象のタクト
| 楽天版じぶん更新日記 | 4トラベル | 岡大敷地内喫煙ゼロをめざす安全衛生委員活動日誌 |



 東西通りの歩道から、朝日を反射するピーチユニオン(南福利施設)が見えた。手前は保健管理センター。太陽が南東側から出ている季節のみ見られる。

2018年1月15日(月)


【思ったこと】
180115(月)自分とは何か(4)私的事象のタクト

 昨日の続き。

 「自己」の問題を考えるにあたっては、私的事象をタクトすることと、視点取り(視点取得、perspective taking)の仕組みについて理解することがぜひとも必要である。

 もし我々が、私的事象と公的事象を区別できなかったとすると、自分の世界と周りの世界を弁別することができず、「自己」について考える余地が無くなる。これは、例えば、私たちの生活を考える時に、「自分の国」と「外国」を区別することと同じである。もし、世界に国境がなく、どこへ行っても同じ文化、同じ法律、同じモノが同じ値段で流通していたとすると、形式上(地域名のような形で)は国名があったとしても、「自分の国」について語ることは意味が無くなる。「自分の国」について語るというのは、自分の国に、他の国の人たちが知らない何かがあり、かつそれを報告することが双方にとって有益な結果をもたらすからである。

 私的事象について語ることは、幼少時の言語訓練を通じて可能になる。よく挙げられる例は、子どもが怪我をした時に「痛いの?」と訊かれて「痛い」と答えるようになること、さらには第三者から観察できない歯痛や頭痛についても「痛い」と発せられるようになることで身についていくというような説明である。

 もっとも、「痛い」というのがタクトにあたるのか、何かの手当を要求するマンドにあたるのかは見分けがつかないところがある。この種の文献を詳しく調べたことがないのであくまで個人体験に基づく私見ということになるが、子どもの言語発達ではまず、マンドが発達し、マンドとタクトが一体化する形で私的事象のタクトの発話が多様化していくように思われる。

 例えば、「お腹が減った?」と訊かれた子どもが「減った」と答えるのは、私的事象のタクトであるが、その「タクト」は当然、「ご飯を食べたい」というマンドとして機能するだろう。

 「何が食べたい?」と訊かれて「カレーライス」と答えるのも、形式上はその子どもが食べたいメニューを報告するタクトにはなっているが、これまた「カレーライスを食べたい」というマンドとして機能している。

 小さな子どもの場合、欲しいものがあったり、体のどこかに具合の悪いところがあっても、それらをうまく言語化できないことがある。要求内容が不明確である場合、形式上はタクトであるように見えてしまうが、これはあくまで成長の過渡的な段階と見るべきであろう。

 次回に続く。



過去ログ

1997年 |0506070809101112
1998年 |010203040506070809101112
1999年 |010203040506070809101112
2000年 |010203040506070809101112
2001年 |010203040506070809101112
2002年 |010203040506070809101112
2003年 |010203040506070809101112
2004年 |010203040506070809101112
2005年 |010203040506070809101112
2006年 |010203040506070809101112
2007年 |010203040506070809101112
2008年 |010203040506070809101112
2009年 |010203040506070809101112
2010年 |010203040506070809101112
2011年 |010203040506070809101112
2012年 |010203040506070809101112
2013年 |010203040506070809101112
2014年 |010203040506070809101112
2015年 |010203040506070809101112
2016年 |010203040506070809101112
2017年 |010203040506070809101112
2018年 |01

2004年10月12日引越時 658907/2005年2月16日 70万アクセス御礼/2005年12月2日 77万7777達成御礼/2007年5月6日十周年 87万5788/2007年7月17日 88万8888達成御礼/2007年9月26日 90万アクセス御礼/2010年2月15日 100万アクセス御礼/2013年2月28日 110万アクセス御礼
2014年6月10日 Yahooのカウンター廃止によりFC2カウンターを新たに設置