岡大・長谷川の公用サイトTopへ


岡大敷地内喫煙ゼロをめざす安全衛生委員活動日誌

〜「吸わない」ではなく「吸わないで」と言えるキャンパスを作ろう〜

Copyright(C)長谷川芳典 2013年5月3日開設


岡山大学は、「高等教育機関であるとともに,多くの人々が集う公的機関であることを踏まえ,タバコの煙のない快適な教育環境を確保し,喫煙による健康被害から学生,職員,市民の皆さまの健康を守るため,受動喫煙防止対策を推進する」という趣旨に基づき、2014年(平成26年)4月から敷地内全面禁煙を実施することを決定しています。(こちらのニュースご参照。)
 2013年度より文・法・経三学部等安全衛生委員()に任命されたこともあり、主として文学部周辺および一般教育棟周辺において、指定喫煙所以外での喫煙(2014年4月以降は、敷地内すべて禁煙)、歩行喫煙、吸い殻ポイ捨てなど、大学人にあるまじき行為をみかけた時には直ちに口頭で注意を行い、その際の反応やその後の経緯をここに記録として残すことにしました。
 キャンパス内喫煙ゼロをめざすため、みなさまのご理解・ご協力をよろしくお願いします。
]2014年度〜2015年度と2017年度は、三学部安全衛生委員長&津島地区安全衛生委員。




【2018年1月16日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、西講義棟北出入口付近と建物北西角に合計13本の吸い殻がポイ捨てされていた。まことに残念ながら、新年になっても禁煙に踏み切れず、かつ、違反を承知で隠れ喫煙し自分の吸った吸い殻の後始末さえできないという、悪質かつ哀れなニコチン依存の実態が確認された。


【2018年1月16日(火)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道各所にポイ捨て吸い殻が散乱しており、特に理学部南ベンチ広場には数十本が確認された。正月以降、これらの場所を勝手に私設喫煙所としているニコチン依存者が増えている可能性がある。このほか、岡大東門入り口にクレーン作業車がエンジンをかけたまま停車しており、車内で運転手さんが喫煙をしていたが、ちょうど座主川の橋の上の敷地外であったため特に声はかけなかった。


【2018年1月15日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られず、またポイ捨て吸い殻も確認されなかった。13日〜14日はセンター試験が行われており、未成年の受験生はもちろん、保護者、高校関係者、予備校関係者などによる違反喫煙は無かったものと推測される。


【2018年1月15日(月)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、岡大東門と「レトロな門」の間の遊歩道沿いで、作業員の服装をした男性1名が喫煙をしていたので、さっそく近寄り「すみませんが、この場所は禁煙です」と告げたところ、男性は東西通り歩道上に移動した。


【2018年1月12日(金)】
朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、西講義棟北出入口付近と北西角に合計13本の吸い殻がポイ捨てされていた。木曜日夕方以降にポイ捨てされたものと推定される。なお、本日はセンター試験準備作業による休講日となっているので、わざわざ講義棟裏まで出かけていって喫煙する者はいないと思われる。


【2018年1月11日(木)】
 午後、教養教育科目担当のため、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を2度にわたり通過した。往路は、ベンチに座っている男女を見かけたが喫煙はしていなかった。このように非喫煙者の利用が増えれば、結果的にこの場所での違反喫煙やポイ捨ては駆逐されるであろう。いっぽう帰路は誰も居なかった。


【2018年1月11日(木)】
朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、西講義棟北出入口付近と北西角に合計8本の吸い殻がポイ捨てされていた。このところ、ポイ捨て吸い殻本数が8本という日が多いが、毎朝除去されていることからみて、同一人物数名が毎日、常習的に違反喫煙&ポイ捨てを繰り返している可能性が高い。


【2018年1月10日(水)】
朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、西講義棟北出入口付近と北西角に合計8本の吸い殻がポイ捨てされていた。火曜日夕刻以降に違反喫煙が行われたものと推定される。


【2018年1月10日(水)】
 朝、いつもより5分ほど遅い時間に座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道東端で、何度もお見かけしたことのある委託業者さんの男性が、路上で喫煙していた。最近はお見かけしなくなったと思っていたが、どうやら、私が通過する時間帯と少しだけずれている模様である。それにしても、大学に来てお仕事をされるのであれば、大学の方針をしっかり守ってもらいたいところで、勝手に私設喫煙所を作ってもらうのは困る。
 その後、岡大東門からレトロな門のほうに歩いて行ったところ、レトロな門手前の道沿いに、なっなんと、人間のウンチとお尻を拭いたと思われるティッシュペーパーが散乱していた。このあたりにはトイレが無いため、やむにやまれず脱糞されたものと思われる。
 ま、考えてみれば、排泄行為はは生理現象であり、我慢しきれないところがある。いっぽう、この場所での違反喫煙は、ニコチン依存という病気によって生じるものであり、依存症を治療すれば起こりえないものだ。さらに、吸い殻は、その気になればポケット灰皿などに収納できるはずであり、平気でポイ捨てするような行為は、この場所で脱糞する行為よりさらに悪質であって、人間失格であると言わざるを得ない。


【2018年1月9日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻は土曜日に確認した8本のままであった。前日8日(月曜日、成人の日)が雨であったため、わざわざ雨のなか、ここまでやってきて違反喫煙&ポイ捨てする者は現れなかったものと思われる。


【2018年1月7日(日)】
 この日は、東講義棟の1階講義室で、生協主催の何らかのイベントが開催されていた。またグラウンドの利用者もあった。念のため、講義棟裏を二度にわたって巡回したが、吸い殻は前日昼と同数の8本であり、新たなポイ捨ては無かったことが確認できた。


【2018年1月7日(日)】
 昼頃、座主川沿い・理学部南ベンチ広場付近を通過したところ、ベンチの下に新しい吸い殻約10本がポイ捨てされていた。ベンチの周りには禁煙のポスターや看板が設置されており、それらを無視して違反喫煙し平気でポイ捨てするという、悪質なニコチン依存者の傍若無人な振る舞いが証拠づけられた。


【2018年1月6日(土)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、新たなポイ捨て吸い殻はなく、まことに清々しい夕方となった。


【2018年1月6日(土)】
 この日は文法経講義棟26番教室で何らかの講義・講習が行われていた。昼頃に講義棟裏を通過したところ、西講義棟出入口前に4本、建物北西角に4本、合計8本の吸い殻がポイ捨てされていた。前日夕刻以降にポイ捨てされたものと推定される。


【2018年1月5日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻もゼロであった。木曜日は冬休み中であったためと考えられる。


【2018年1月5日(金)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったが、遊歩道の路上、特に、遊歩道東端〜レトロな門の間では数メートルおきに吸い殻がポイ捨てされていた。違反喫煙に加えて、火災発生のの危険があるにもかかわらず平気でポイ捨てをするという、ニコチン依存による人間崩壊ぶりが新年早々から露わになった。


【2017年12月26日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻もゼロであった。すでに冬休みに入っており、わざわざ講義棟裏までやってきて喫煙をする者はいないようだ。ということで、次回の更新は1月5日からとさせていただく。


【2017年12月27日(水)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻も大部分除去されていた。


【2017年12月26日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟出入口付近と北西角に合計3本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻はゼロであったことから、夜以降にポイ捨てされたものと思われる。ニコチン依存から脱却できず、クリスマスの夜にこのような場所で一人寂しく隠れ喫煙をするというのはまことに哀れでお気の毒としか言いようがない。


【2017年12月26日(火)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻も大部分除去されていた。25日に何らかの清掃活動が行われたものと推測される。


【2017年12月25日(月)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻もすべて除去されており、まことに清々しい夕方となった。


【2017年12月25日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟出入口付近と北西角に合計10本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻より1本減っているが、風で飛ばされた可能性がある。年末の日曜日でもあり、夕刻以降は喫煙が行われなかったものと推定される。


【2017年12月25日(月)】
 朝、図書館前を通過したところ、ゴミ袋とゴミバサミ(トング)を持った男性が、図書館裏から東方向に歩きながらゴミを除去しておられた。ボランティアの方と思われるが、まことにありがたいことだ。


【2017年12月24日(日)】
 昼前に文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟出入口付近と北西角に合計11本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻と増減がないので、新たなポイ捨ては無かったものと推測される。


【2017年12月23日(土)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、西講義棟出入口付近と北西角に合計11本の吸い殻がポイ捨てされていた。昼前より1本増えているが、単純なカウントミスの可能性もある。なお、この日は、講義棟で何らかの講座・講習が行われていたほか、グラウンドではサッカーやソフトボールの練習が行われていた。


【2017年12月23日(土)】
 昼前に文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟出入口付近と北西角に合計10本の吸い殻がポイ捨てされていた。前日夕刻にはゼロ本であったことから、金曜日夕方以降にポイ捨てされたものと推定される。


【2017年12月22日(金)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も見られず、まことに清々しい夕刻となった。


【2017年12月22日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計18本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年12月22日(金)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、相変わらず、遊歩道・路上に大量の吸い殻がポイ捨てされていた。岡大東門出口の東西通りとの角(西側)では男性1名が喫煙していたが敷地外でもあり特に声はかけなかった。なお、各ベンチ広場のポイ捨て吸い殻は清掃活動により一部除去されていた。


【2017年12月21日(木)】
 午後、教養教育科目担当のため座主川沿い・理学部南ベンチ広場付近を2度にわたり通過したが、喫煙行為は見られず、まことに清々しい午後となった。但し、ベンチの下には、往路には無かった新しい吸い殻が数本ポイ捨てされていた。


【2017年12月21日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計25本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年12月21日(木)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道路上、岡大東門出口付近、理学部南ベンチ広場付近に大量の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年12月20日(水)】
 午前中、講義棟で授業を担当する際に講義棟裏を通過したが、喫煙行為は見られず、まことに清々しい午前中となった。なお、図書館裏での違反喫煙の煙が換気扇を通って館内に流入し迷惑であるという声を学生から聞いた。


【2017年12月20日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計13本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年12月20日(水)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道路上、岡大東門出口付近、レトロな門出入口付近に吸い殻がポイ捨てされていた。また、遊歩道にはタバコの空き箱が投げ捨てられ、敷地外ではあるが岡大東門出口(南東角)にはおびただしいかずの吸い殻がポイ捨てされていた。いずれも、ニコチン依存がいかに人間をダメにしていくかを示すものである。


【2017年12月19日(火)】
 夕刻、工学部前を通過したところ、コンクリート製のベンチ広場の周辺に10本前後の吸い殻がポイ捨てされていた。このような人目につきやすい場所でよくぞ平気で違反喫煙し、平気でポイ捨てするものだと思う。これもまた、ニコチン依存による人間崩壊の現れか。


【2017年12月19日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計14本の吸い殻がポイ捨てされていた。違反喫煙をすること自体の問題に加えて、自分の吸い殻1本の後始末さえできないニコチン依存者たちの人格崩壊ぶりが露呈している。


【2017年12月19日(火)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道路上、岡大東門出口付近、レトロな門出入口付近、理学部南ベンチ広場付近に吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年12月18日(月)】
 夕刻、座主川沿いの理学部南ベンチ広場を通過したが、喫煙行為は見当たらずまことに清々しい夕方となった。


【2017年12月18日(月)】
 昼ごろ、岡大西門を通過したが、座主川沿いの、理学部南ベンチ広場、西門西側ベンチ広場、座主川沿い文化科学系総合研究棟前付近のいずれにおいても喫煙行為は見当たらずまことに清々しい昼となった。


【2017年12月18日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計16本の吸い殻がポイ捨てされていた。西講義棟北出入口付近の吸い殻は1カ所にまとめられており、清掃活動の途中であった可能性がある。


【2017年12月18日(月)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道路上、岡大東門出口付近、理学部南ベンチ広場付近に新しい吸い殻がポイ捨てされていた。岡大西門西側のベンチ広場や、座主川沿い右岸・文化科学系総合研究棟前付近には人影は見られなかった。


【2017年12月17日(日)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計20本の吸い殻がポイ捨てされていた。昼の時点より3本ほど増えたのか、カウントミスがあったのかは未確認。


【2017年12月17日(日)】
 昼前、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為は見られなかったが、西講義棟北出入口付近、北西角に合計17本の吸い殻がポイ捨てされていた。なお講義棟では、医療事務関係の資格試験が行われる前であった。


【2017年12月17日(日)】
 この日は、一般教育棟C棟で、資格試験が行われていた。昼前、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したが喫煙行為は全く見られずまことに清々しい昼となった。なお、座主川沿い右岸・文化科学系総合研究棟南の川べりで数人が立っているのが見えた。遠方であり喫煙の有無は確認できなかった。


【2017年12月16日(土)】
 夕刻、講義棟裏を巡回したが喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻は昼に比べて増えていなかった。なお、この日は26番教室と10番教室が使用されていたが、このうち10番教室は第12回科学地理オリンピック日本選手権兼第15回国際地理オリンピック選抜大会であった。


【2017年12月16日(土)】
 昼頃、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計21本の吸い殻がポイ捨てされていた。前日夕刻のポイ捨てなのか、土曜日午前中のポイ捨てなのかは不明。
 なお、この日の昼前後は、グラウンドの利用者は誰もいなかった。いっぽう、西講義棟では経済学部系とみられる何らかの講義か行われていた。


【2017年12月15日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計12本の吸い殻がポイ捨てされていた。このところ、ポイ捨て本数が10〜13本で安定しており、おそらく、数名前後のニコチン依存者が常習的に悪質な違反喫煙を繰り返しているものと推測される。


【2017年12月15日(金)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道路上、岡大東門バス停ベンチ広場、レトロな門の東西通りとの境界付近に新しい吸い殻がポイ捨てされていた。また、東西通り南側歩道(敷地外)で作業員と見られる数名の男性が談笑しながら喫煙しておられた。
 教育学部の外側階段で喫煙の痕跡があるという情報が入ったので注意深く観察したが、この時間帯にはそのような違反喫煙は見られなかった。教育学部と言えば、人格者を育てる学部である。将来先生になる学生たちやそれを教える教職員が、敷地内の外側階段で違反喫煙をしているとなれば、まことに嘆かわしいことである。


【2017年12月14日(木)】
 教養教育科目担当のため、2度にわたり座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したが、喫煙行為は見当たらずまことに清々しい午後となった。なお、東西通りの食べ物屋さんの東側付近には、複数の女子学生、複数の教職員、複数の男子学生が固まって喫煙をしていた。敷地外なので特に禁煙のオススメをする立場にはないが、若い女性の喫煙習慣は、妊産婦の早産、低体重出生にもつながるため、早期に禁煙に踏み切る必要があり、そういった有害性について、当事者たちに正確な情報を伝える必要があるとは思った。


【2017年12月14日(木)】
 文法経講義棟周辺を巡回したところ、東講義棟北東角の1本を含めて西講義棟北出入口付近、北西角に合計12本の吸い殻がポイ捨てされていた。東講義棟・北東角でのポイ捨ては久しぶりのことである。


【2017年12月14日(木)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道路上、岡大東門バス停ベンチ広場、レトロな門の東西通りとの境界付近に新しい吸い殻がポイ捨てされていた。また、昨日夕刻に目撃した喫煙が疑われた現場には新しい吸い殻が数本ポイ捨てされていた。


【2017年12月13日(水)】
 夕刻、座主川沿い左岸遊歩道・教育学部東棟付近を通過したところ、遊歩道路上で、タバコを足で踏みつけて火を消しているような仕草をしている男子学生が見えたが、その後すれ違った段階では喫煙は確認できなかったので特に声はかけなかった。移動方向、時刻、容姿などからみて、8月18日に声をかけた男子学生と同一人物とみられる。明日以降も注意深く観察していきたい。


【2017年12月13日(水)】
 文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計13本の吸い殻がポイ捨てされていた。夕刻以降に、相変わらず数名の常習者たちによる悪質な集団喫煙が横行しているようだ。


【2017年12月13日(水)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、理学部南ベンチ広場で男子学生1名が喫煙していた。さっそく近寄り、この場所は禁煙であると告げたが、タバコを持ったまま学生は無言のまま東西通り歩道に移動した。その後、歩道上であっても通行人に受動喫煙の迷惑がかかる恐れがあること、けっきょくは自分自身の健康を考えるべきでありニコチン依存を避けなければならないことなどと告げたが、無言のままで会話に応じようとしなかったためそのまま立ち去った。
 明日以降も経過を観察したいと思う。


【2017年12月12日(火)】
 昼前と夕刻に座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したが喫煙行為は全く見られず、まことに清々しい一日となった。


【2017年12月12日(火)】
 文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計13本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年12月12日(火)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙行為は全く見られず、ポイ捨て吸い殻も大部分除去されていた。その後、岡大西門西側のベンチ広場に人影があるので念のため近づいてみたところ、中高年の女性が楽譜を見ながら歌っておられるところであり、喫煙とは全く無関係であることが分かった。


【2017年12月10日(日)】
 文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計10本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年12月8日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角、さらに自販機前に合計18本の吸い殻がポイ捨てされていた。一部のエリアについては防犯カメラに写っているはずである。


【2017年12月8日(金)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙行為は全く見られなかったが、岡大東門から東西通り南側歩道上に移動している男性が歩行喫煙をしていたほか、食べ物屋さんの前で男性2名が喫煙しており、受動喫煙の被害を避けるために、息を止めてその前を通過せざるをえなかった。なお、歩行喫煙の男性は岡大東門を出たところですでに喫煙を開始しており、火をつけた場所が敷地内であった可能性がある。


【2017年12月7日(木)】
 午後、教養教育科目担当のため、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を2度にわたり通過した。2回とも喫煙行為は全く見られなかったが、2回目(帰路)の時に、ベンチの上にタバコの空き箱が新たに放置され、新しいポイ捨て吸い殻が増えていたことからみて、14時〜16時頃の時間帯にこの場所で、特定人物による悪質な喫煙が行われたことが明らかになった。全面禁煙の掲示の前で居直り的に喫煙し、かつ空き箱を平気で放置するような者は人格的に問題があり、個人を特定した上で個別に対処する必要がありそうだ。


【2017年12月7日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計7本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年12月7日(木)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見られず、まことに清々しい朝となった。ポイ捨て吸い殻も、遊歩道路上の数本以外は除去されていた。


【2017年12月6日(水)】
 2限目の授業の前後に講義棟裏を巡回したが、喫煙行為は見られずまことに清々しい午前となった。


【2017年12月6日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計17本の吸い殻がポイ捨てされていた。4学期が始まり、集団悪質喫煙が行われる曜日や時間帯が3学期と異なる可能性もあり注意が必要。


【2017年12月6日(水)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見られず、まことに清々しい朝となった。
 なお、遊歩道沿いは、新しく作られた「敷地内につき全面禁煙」のポスターに張り替えられていたが、路上何カ所かで数本のポイ捨てが確認された。


【2017年12月1日(金)】

 この日は3学期と4学期のあいだの休業日にあたっていた。午後、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通って一般教育棟方面に向かったところ、男子学生1名がベンチに座って喫煙をしていた。  学生は、そーですねえと言って敷地の外に移動した。なおこの学生は、携帯灰皿を持参していたので、「その点は良いことだが、場所をわきまえてほしい。」と述べた。


【2017年11月30日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計15本の吸い殻がポイ捨てされていた。そのうち1本が排水溝のフタの穴の近くになったので、念のため穴の中を覗いてみたところ写真のように吸い殻が確認された。(穴の中の吸い殻は上記のポイ捨て本数にカウントしていない。) 排水溝へのポイ捨ては、排水管を詰まらせるほか、落ち葉が溜まっていて内部が乾燥している時には火災発生にもつながる。
 違反喫煙者のうち、吸い殻を平気でポイ捨てする者はニコチン依存により責任能力を喪失しているものと考えられるが、排水溝の中にポイ捨する者は、ポイ捨ては悪いことだと自覚しつつ、その悪行を姑息な手段で覆い隠そうとする者であり、本質的には同レベルに悪質な行為であることに変わりはない。


【2017年11月29日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計20本の吸い殻がポイ捨てされていた。前日夕刻に、悪質な集団喫煙が行われ、ニコチン依存により責任能力が喪失しているためにその場に平気でポイ捨てしたものと推測される。


【2017年11月29日(水)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見られなかったが、いくつかの場所で吸い殻がポイ捨てされていた。
 昨日、座主川右岸遊歩道の教育学部南周辺でポイ捨てがあったことが対岸から確認できたので、本日その場所を通過したところ、やはり10本前後の吸い殻がこの場所にポイ捨てされていた。この場所での違反喫煙者の中には教育学部の学生や教職員も多いと思われるが、学校の先生になる人やその教育を行う教員がこのような場所で喫煙しているとしたら、そもそも教師(あるいは将来の教師)として失格である。違反を承知でも喫煙をせざるを得ないというところが、ニコチン依存の恐ろしさということもできるが。


【2017年11月28日(火)】
 夕刻、文法経講義棟で担当授業があったのでその前後に講義棟裏を見回してみたが、喫煙行為は見当たらずまことに清々しい夕方となった。


【2017年11月28日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計33本の吸い殻がポイ捨てされていた。月曜日夕刻以降にきわめて悪質な集団喫煙&ポイ捨てがあったものと推測される。


【2017年11月28日(火)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見られなかったが、いくつかの場所で吸い殻がポイ捨てされていた。特に、理学部南ベンチ広場では足元に10本前後の新しい吸い殻がポイ捨てされており、この場所で特定人物が居直り的に喫煙し、しかもニコチン依存によって責任能力が崩壊しているために平気で吸い殻をポイ捨てするという犯罪的行為を繰り返している可能性が示唆された。


【2017年11月27日(月)】
 昼前後に、本部棟で全学の会議があり、岡大西門付近を往復したが、行き帰りいずれにおいても、座主川沿いの理学部南ベンチ広場や西門西側ベンチ広場、文化科学系総合研究棟南の遊歩道では喫煙行為は見られず、まことに清々しい昼となった。


【2017年11月27日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角に合計13本の吸い殻がポイ捨てされていた。土日は不在であったため、どの時点でポイ捨てが行われたのかは不明。


【2017年11月27日(月)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見られず、また、岡大東門バス停北のベンチ広場や、「レトロな門」周辺のポイ捨て吸い殻は大部分除去されていた。
 この日は紅葉の写真を撮るため、岡大西門から文化科学系総合研究棟(および放送大学)南の遊歩道も歩いたが、見渡した限りでは喫煙行為は見られず、まことに清々しい朝となった。


【2017年11月23日(木)】
 夕刻、文法経1号館と2号館の間を通過したところ、2号館建物裏(北東側)で男性1名が喫煙をしていた。さっそく全面禁煙であると告げると、男性は喫煙を中止してタバコの火を消した。いつもはどこで吸っているのですか?と尋ねたところ、学外者であるということだったので、 と申し上げた。


【2017年11月23日(木)】
 昼頃に文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、建物北西角に合計12本の吸い殻がポイ捨てされていた。いずれも雨に濡れており、前日にポイ捨てされたものと推測される。


【2017年11月22日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、自転車置き場、西講義棟北出入口付近、北西角に合計12本の吸い殻がポイ捨てされていた。同じ場所に数本がまとまってポイ捨てされている箇所があり、同一個人が長時間にわたり違反喫煙したか、もしくは数人の悪質集団喫煙をしたものと推測される。


【2017年11月22日(水)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見られず、また、岡大東門バス停北のベンチ広場や、「レトロな門」周辺のポイ捨て吸い殻は大部分除去されていた。理学部南ベンチ広場付近の吸い殻もほぼ除去されており、前日に何らかの清掃活動が行われたものと推測される。
 なお、ザックを背負った男子学生が「レトロな門」東の取水施設付近から一般教育棟A棟入口の方に移動していく様子が見えたが、なぜその場所に居たのかは不明。「レトロな門」手前の遊歩道沿いには吸い殻2本がポイ捨てされていたが、新しい吸い殻は確認できなかった。


【2017年11月21日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と北西角に合計10本の吸い殻がポイ捨てされていた。また建物北側の砂利敷にはタバコの空き箱1個が投げ捨てられていた。昨日夕刻はゼロであったことから、昨日夜にきわめて悪質な喫煙者集団による危険で傍若無人な振る舞いが行われたことが確認された。


【2017年11月21日(火)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見られず、また、岡大東門バス停北のベンチ広場や、「レトロな門」周辺のポイ捨て吸い殻は大部分除去されていた。理学部南ベンチ広場の吸い殻は複数のベンチ周辺に新しい吸い殻がポイ捨てされており、相変わらず、特定の常習者による悪質&危険喫煙が続いていることが確認された。


【2017年11月20日(月)】
 夕刻、講義棟裏を巡回したが、喫煙行為も、ポイ捨て吸い殻も見られずまことに清々しい夕方となった。


【2017年11月20日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と北西角に合計6本の吸い殻がポイ捨てされていた。土曜日夕刻より1本多いが、いずれも古い吸い殻でありカウントミスの可能性もある。なお、日曜日は、昼前後にはアジア系留学生と思われる男性たちがサッカー、その後は、別の男子学生たちによるソフトボールの練習が行われていた。


【2017年11月20日(月)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見られず、また、岡大東門バス停北のベンチ広場や、「レトロな門」周辺のポイ捨て吸い殻は大部分除去されていた。理学部南ベンチ広場の吸い殻は金曜日夕刻とほぼ同数であった。


【2017年11月18日(土)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、西講義棟北出入口付近と北西角に合計5本の吸い殻がポイ捨てされていた。いずれも雨に濡れており、前日の夕刻以降にポイ捨てされた可能性が高い。
 そのあと、文化科学系総合研究棟(放送大学)建物から南に抜けて座主川沿い右岸遊歩道を通過したが、西方向、東方向とも喫煙行為は見当たらなかった。しかしながら、対岸の座主川沿い左岸・岡大西門西側のベンチ広場で中高年の男性1名が喫煙していたので、川越しに、そのベンチ広場は岡大の敷地内であり禁煙ですとお伝えした。男性は今後は止めますといって去って行った。


【2017年11月18日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と建物北西側に合計30本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻は6本であったことから、17時以降の夜の時間帯に、悪質な集団喫煙が横行していることがまたまた確認された。夕刻以降は見回りが無いことに乗じて「人に注意されなければ、自分の欲求を満たすために平気で悪いことをする」ということが日々習慣づけられ、社会に出てから、詐欺や横領などの犯罪行為を起こす恐れもあり、悪質喫煙者たちの行く末が大いに心配される。


【2017年11月17日(金)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見られなかった。この日は、教育学部南のほうで光るモノが見えていたので、いつもとは異なる座主川右岸を通ってみたが、教育学部南あたりでは看板等が光っているだけで誰もいなかった。
 「この場所でのポイ捨て禁止」のポスターは「ポイ捨てしなければこの場所で吸ってもよい」と解釈される恐れがあるため、今週より「火災発生危険/敷地内につき全面禁煙」に張り替えられている。一部の場所ではこの効果が現れているようだが、理学部南ベンチ広場では相変わらず、ベンチの足元に10本以上の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日午後に通過した時には見当たらなかったので、夕刻以降に、特定人物によってポイ捨てされているものと推定される。


【2017年11月16日(木)】
 夕刻、文法経講義棟裏を通過したところ、講義棟北西角周辺に真新しい吸い殻6本がポイ捨てされていた。日中にこれだけのポイ捨てがあったのは珍しい。3学期終了時期にあたるため、タバコを吸わないと試験を受けられない重度のニコチン依存者が試験の合間に違反喫煙し、しかも吸い殻を後始末するという責任能力を喪失しているためにこの場所にポイ捨てしたものと推定される。


【2017年11月16日(木)】
 午後、教養教育科目担当のため座主川沿い・理学部南ベンチ広場を往復通過したが、行き帰りいずれの時点においても喫煙行為は見られず、まことに清々しい午後となった。


【2017年11月16日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と建物北西側に合計5本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻時点ではゼロ本であったことから、夜以降に傍若無人で責任能力を喪失した悪質喫煙者によってポイ捨てされたものと推定される。


【2017年11月16日(木)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見られず、まことに清々しい朝となった。
 なお、座主川沿いに一部設置されている「ポイ捨て禁止」という掲示は、「ポイ捨てしなければ吸っても良い」というように解釈される恐れがあるので、かねてより「全面禁煙」の掲示に切り替えてほしいと安全衛生部のほうに要望していたところであったが、本日朝の時点で、要望通りに「全面禁煙」に張り替えられていた。しかし、そのような掲示にもかかわらず、岡大東門バス停北のベンチ広場には吸い殻数本が新たにポイ捨てされていた。こうした常習的な居直り喫煙者はおそらく数人程度とみられるので、掲示を通じて禁煙を呼びかけるのではなく、人物を特定し、現場をおさえて、地道に説得を行うほかはない。


【2017年11月15日(水)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られず、まことに清々しい夕方となった。なおグラウンドではソフトボールの練習があり、自販機前にはマネージャーとみられる女子学生が数名座っていた。


【2017年11月15日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と建物北西側に合計23本の吸い殻がポイ捨てされていた。このほか空き缶3個、タバコの空き箱1個が散乱していた。昨日夕刻時点ではゼロであったことから、夜間に悪質な集団喫煙が行われ、しかもニコチン依存により責任能力が喪失しているために、空き箱や空き缶を含めたポイ捨てが横行しているものと思われる。こうした違反行為を繰り返す者はいずれ自身の健康被害という報いを受けることになるが、とにかく、このまま岡大卒業生として社会に送り出してよいものか大いに疑問。


【2017年11月14日(火)】
 午後の授業の前後に講義棟裏を巡回したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られず、まことに清々しい午後となった。
 しかしながら、その後、事務方より、東講義棟の2階バルコニーで学生1名が喫煙をしており、しかるべき措置をとったとの連絡が入った。当該学生はこれまでにもたびたび違反喫煙の注意を受けている常習犯であり、ニコチン依存がいかに正常な判断能力を奪ってしまうのかを示す事例となっている。


【2017年11月14日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と建物北西側に合計11本の吸い殻がポイ捨てされていた。前日夕方には0本であったことから、これらの悪質で傍若無人な振る舞いが、月曜日の夕刻以降に行われたことが確認できた。


【2017年11月13日(月)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、喫煙行為は見当たらず、ポイ捨て吸い殻も完全に除去されており、まことに清々しい夕方となった。


【2017年11月13日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と建物北西側に合計10本の吸い殻がポイ捨てされていた。土曜日の昼以降に、このあたりで数本のポイ捨てがあったものと推定される。


【2017年11月13日(月)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、イヌを連れた人や座主川の観察を続けている人たちとはすれ違っただけで、喫煙行為は全く見当たらず、まことに清々しい朝となった。なお、岡大東門バス停北のベンチ広場のベンチ下には3個の空き缶が置かれたままになっており、これを灰皿代わりに喫煙をしている可能性がある。ポイ捨てよりはよほど安全とはいえ、敷地内の違反喫煙であり、受動喫煙の被害を及ぼしていることに変わりはない。勝手に私設喫煙所にしてもらっては困る。


【2017年11月11日(土)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、昼より3本多い、8本の吸い殻がポイ捨てされていた。グラウンドではソフトボールの練習が行われており、また講義棟では中世哲学会と、何らかの研修会が行われていた。3本のポイ捨てがどの参加者によるものかは確認できなかった。


【2017年11月11日(土)】
 昼頃、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近に5本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻には1本も無かったので、夜以降にポイ捨てされたものと確認できた。
 なお講義棟20番教室では、中世哲学会の大会が行われていた。中世哲学の研究者であれば、敷地内全面禁煙を遵守していただけるものと信じる。


【2017年11月11日(土)】
 昼頃、自転車で津島東キャンパス、津島西キャンパスを通過したところ、各所で紅葉の写真をとったり写生をしている人がいた。喫煙行為は全く見られず、まことに清々しい昼となった。


【2017年11月10日(金)】
 夕刻、座主川沿い・理学部南ベンチ広場付近を通過したが、喫煙行為は見当たらず、まことに清々しい夕方となった。


【2017年11月10日(金)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、喫煙行為も、ポイ捨て吸い殻も全く見当たらず、まことに清々しい夕方となった。


【2017年11月10日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、東講義棟東出入口の1本を含め、西講義棟北出入口付近と建物北西側に合計29本の吸い殻がポイ捨てされていた。この場所で悪質な集団喫煙があったものと推測される。


【2017年11月10日(金)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、座主川右岸・教育学部南の遊歩道上、全面禁煙の掲示の近くで、教職員とみられる男性2名が喫煙をしていた。さっそく、川越しに、「すいません、この場所は禁煙です。特にこの時期は火災発生の危険があるのでゼッタイにやめてください。」と告げた。2名は「はい」と答えて火を消して教育学部方面に立ち去った。
 教職員により違反喫煙は学生からも指摘されている。「この場所で教職員が吸っていたので、吸っても良いと思った」というように、学生の違反喫煙の口実にもされている。ニコチン依存により善悪の判断能力が低下しているとはいえ、あってはならないことだ。


【2017年11月9日(木)】
 教養教育科目担当のため座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したところ、ベンチから女子学生が立ち上がって、右手にタバコを持ったまま東方向に歩いて行くのが見えた。足元には落ち葉がたまっており、この時期には火災発生上最も危険な歩行喫煙にあたると判断し、駆け寄って注意をしようとしたところ、タバコにはまだ火がついていなかった。なおこの学生は、その後、食べ物屋の前に移動して喫煙していた。
 なお、授業終了後に同じ場所を通ったところ、喫煙行為は見られなかったものの、ベンチの上にはタバコの空き箱が放置されており、この場所で相変わらず居直り喫煙が続いていることが確認された。


【2017年11月9日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と建物北西側に、合計10本の吸い殻がポイ捨てされていた。空き缶も2個投げ捨てられていた。


【2017年11月8日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、ちょうど事務職員によるボランティア除去作業が行われていたが、まだ作業が行われていなかった西講義棟北出入口付近と、建物北西側には合計17本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年11月7日(火)】
 夕刻、座主川沿い遊歩道を通過したところ、遊歩道東端で若い男生1名が喫煙をしていた。煙が見えないので尋ねたところ、加熱式タバコであることが判明した。そこで、「新しいたばこ」は、全学敷地内禁煙の規制対象とするという8.22付けの岡山大学通知をお伝えし、さらに、日本禁煙学会の見解の一部を紹介し、禁煙のオススメをした。


【2017年11月7日(火)】
 午後、文法経講義棟での授業担当の前後に講義棟裏を巡回したところ、いずれも喫煙行為は見当たらなかったが、新しい吸い殻が2本ポイ捨てされていた。重度のニコチン依存者が授業の合間に抜け出して喫煙し、ニコチン依存により責任能力を喪失しているためその場にポイ捨てしたものと推測される。


【2017年11月7日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、建物北西側に合計20本の吸い殻がポイ捨てされていた。西講義棟北出入口にはタバコの空き箱も放置されており、この場所で違反喫煙する者の人間失格ぶりがまたまた露呈した。


【2017年11月7日(火)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、落ち葉が絨毯のように積もっている中、各所にポイ捨て吸い殻があり、火災発生の危険が増しているように思えた。また理学部南ベンチ広場付近では、看板スタンドの両面に取り付けられていた全面禁煙の掲示が2枚とも剥がされており、うち1枚は座主川の川底に沈んでいた。この掲示プレートは薄くて重いため、風で吹き飛ばされたとは考えにくい。全面禁煙に対して悪意をいだく何者かによって剥がされ、川の中に放り込まれた可能性がある。なお、残り1枚は私の方で取り付けておいた。


【2017年11月2日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口の西側脇、建物北西側、と西側グラウンドに合計9本の吸い殻がポイ捨てされていた。西講義棟北出入口の階段上やその前の道路には吸い殻が1本も見当たらなかったが、あるいは早朝に除去作業が行われた可能性がある。


【2017年11月1日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、建物北西側に合計19本の吸い殻がポイ捨てされていた。このほか、文法経1号館東側駐車場付近にも新しい吸い殻1本がポイ捨てされていた。


【2017年11月1日(水)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、各所にポイ捨て吸い殻があり、今後晴天が続く中で火災発生の危険が増しているように思えた。昨日も指摘した理学部南ベンチ広場付近には、3つのベンチそれぞれの下に10本以上の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年10月31日(火)】
 教養教育科目の授業が終わったのち、再び座主川沿い・理学部南ベンチ広場付近を通過したが、このときは喫煙行為は見られなかった。また岡大西門・西側ベンチ広場には人影はなかったが、座主川右岸遊歩道沿いの、法科大学院(放送大学)南の出口付近に2名の人影があった。以前からあのあたりでは違反喫煙による受動喫煙被害や火災発生の危険が指摘されており、今後の監視が必要である。


【2017年10月31日(火)】
 この日は木曜日の時間割となっていた。午後、教養教育科目担当のため座主川沿い・理学部南ベンチ広場付近を通過したところ、男子学生3名のうち2名が喫煙をしていた(残りの1名も直前まで吸っていたらしい)。さっそく喫煙していた学生のうち1名に近寄り、この場所で喫煙してはいけないのはなぜだろう思うか?と問い糾した上で、
  1. 岡大は敷地内全面禁煙となっており、例外や黙認はない。
  2. この場所は人通りが多く、受動喫煙の被害を及ぼしている。
  3. 空気が乾燥しており、タバコの灰が飛び散ることによる火災発生の危険がある。
  4. 自分自身の健康被害をもたらす。
  5. 当面健康上は問題がなかったとしても、ニコチン依存という薬物依存になっている。就職した後も、タバコを吸うたびに離席していたようでは仕事ができない。
という5つの理由により禁煙のお勧めをした。


【2017年10月31日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、建物北西側、西側自販機前にに合計12本の吸い殻がポイ捨てされていた。このほかに菓子の包装紙や空き缶も投げ捨てられており、すぐ近くのゴミ箱に入れることさえできない人間失格ぶりが露呈している。


【2017年10月31日(火)】
 朝、座主川沿い遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、各所にポイ捨て吸い殻があり、今後晴天が続く中で火災発生の危険が増しているように思えた。このうち岡大東門バス停北のベンチ広場は、ベンチの下に空き缶が置かれていて飲み口にタバコの灰がついていた。ポイ捨てに比べればまだマシだが、受動喫煙被害という点からみてもこの場所を私設喫煙所にしてもらっては困る。理学部南ベンチ広場付近は、それぞれの3つのベンチの周りにそれぞれ10本以上の吸い殻がポイ捨てされており、あきれ果てる状況になっていた。本日は一般教育棟で教養教育科目の授業があるため、往復時に喫煙行為があれば厳重にご注意申し上げたいと思う。


【2017年10月30日(月)】
 昼頃、本部棟6階で行われた全学委員会出席のため、2度にわたり岡大西門を通過したが、座主川沿い・西側ベンチ広場にも理学部南ベンチ広場いずれにおいても喫煙行為は確認されず、まことに清々しい昼となった。


【2017年10月30日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、建物北西側に合計10本の吸い殻がポイ捨てされていた。金曜日の夕刻、もしくは土日のイベント参加者によるものと推定される。(2日間とも雨が降り続いていたため、グラウンド利用者ではなさそう。)


【2017年10月30日(月)】
 朝、座主川沿い遊歩道の東端を通りかかったところ、派遣業者さんと見られる男性がしゃがんで喫煙をしておられた。何度もお見かけしている男性だが、いっこうに違反喫煙を止めてくれない。喫煙しても御自身の健康は大丈夫だと言っておられるが、遊歩道通行者への受動喫煙の被害については無頓着のようだ。なお、理学部南ベンチ広場付近や岡大西門・西側ベンチ広場には人影はなかった。


【2017年10月27日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、建物北西側に合計23本の吸い殻がポイ捨てされていた。但し、昨日確認した空き缶やタバコの空き箱1個も残っており、一部エリアのポイ捨てについては昨日朝と同一と推定される。


【2017年10月27日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、岡大東門出口の座主川の橋の上にエンジンをかけた状態で大型トラックが駐まっており、運転士さんが携帯を操作しながら喫煙をしていた。いちおう橋の上(敷地外)なのでご注意申し上げなかった。
 いっぽう、遊歩道上の吸い殻がまたまた増えており、火災発生の危険が増大しつつある。


【2017年10月26日(木)】
 午後、教養教育科目担当のため座主川沿い・理学部南ベンチ広場付近を通過したところ、全面禁煙の看板の横で男子学生3名が談笑しており、うち1名が喫煙をしていた。さっそく近寄ったところ、喫煙学生は東西通り・歩道のほうに急ぎ足で移動していったので追いかけ、日本語が読めるはずなのになぜ全面禁煙の看板の前で喫煙をしているのかと問い糾したところ、最初は敷地外で吸っていたが、(ベンチの上に置いていたカバンの中の?)携帯が鳴ったので敷地内に来たというような言い訳をしていた。写真を見る限りは、最初からこの場所で談笑しながら喫煙を始めたように思えるのだが、それ以上は追及しなかった。男子学生はその後も歩道上で喫煙を続けていたので、吸い殻はどうするのかと尋ねたところ、ちゃんと消してから、手で持ったまま運んで建物内のゴミ箱に捨てると言っていた。これまた、いつもそうやって後始末をしているのかどうかは甚だ疑問である。知らないうちに飛び散るタバコの灰が火災発生の危険をもたらすことについても注意をしておいた。
 授業開始前だったので、他の2名の学生に対する注意(仲間が違反喫煙しているのにそれをやめさせないこと、自分たちが受動喫煙の被害を受けていること)をすることはできなかった。
 写真右は、授業終了後に同じ場所を通ったときの写真。その後も新しい吸い殻が増えていた。


【2017年10月26日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、建物北西側に合計3本の吸い殻がポイ捨てされていた。他に空き缶とタバコの空き箱1個が放置されていた。空き缶放置は非喫煙者の可能性もあるが、空き箱放置のほうは喫煙者の行為以外には考えられない。悪質な違反喫煙者の責任能力喪失、傍若無人ぶりがまたまた露呈した。


【2017年10月26日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道上の吸い殻がまたまた増えていた。長雨が終わり空気が乾燥しつつあることと、落ち葉が増えていることから、火災発生の危険が増大しつつある。


【2017年10月25日(水)】
 夕刻、ふたたび講義棟裏を通過したが、この時には喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻も除去されており、まことに清々しい夕方となった。


【2017年10月25日(水)】
 午後、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北西角で3名の男子学生が談笑しておりうち1名が喫煙をしていた。さっそく近寄り、なぜ喫煙しているのかと問い糾したところ「吸いたいから」と答えたので、「人を殺したいと思ったら殺すのか?」とさらに質問し、「吸いたい」というのは行動の原因ではなく、ニコチン依存という薬物依存の病気になっていることが原因であると説諭した。また、他の2名の学生に対しても、全面禁煙の敷地内で友人が吸っているのをなぜやめさせようとしないのか、有害な煙が浴びせられておりあなたたちも受動喫煙の被害者ではないかと説諭した。但し、喫煙学生によれば、少なくとももう1名は直前まで喫煙をしていたとのことである。その後、禁煙外来の案内もさせていただいた。


【2017年10月25日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、建物北西側に合計18本の吸い殻がポイ捨てされていた。他にペットボトルや空き缶も放置されていた。


【2017年10月25日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道各所や、岡大東門バス停北と理学部南のベンチ広場、「レトロな門」周辺に新しい吸い殻がポイ捨てされていた。特に、理学部南ベンチ広場では、全面禁煙の看板の周りに嫌がらせをするかのように吸い殻が投げ捨てられていた。特定個人もしくは数人のグループによる悪質喫煙と思われるので、ポスターなどの掲示で注意を呼びかけるても効果は期待できない。該当者を特定し、そのような行為をやめるまで何度も何度も説得活動を行うことのほうが有効と思われる。


【2017年10月24日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、昨日午後にポイ捨てされていた北西角の7本のほか、西講義棟北出入口付近に新たに4本、合計11本の吸い殻がポイ捨てされていた。北出入口付近の4本は、夕刻以降の集団喫煙によるものと推定される。


【2017年10月24日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、岡大東門バス停北と理学部南のベンチ広場に新しい吸い殻が5本〜10本前後ポイ捨てされていた。理学部南ベンチ広場は人通りが多く、しかもベンチの目の前に全面禁煙の看板が設置されている。このような場所で敢えて違反喫煙をするというのは、通行人から冷たい視線を浴びつつ注目されることに快感をおぼえる特殊人格者によるものかもしれない。


【2017年10月23日(月)】
 夕刻、岡大西門〜座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したが、喫煙行為は見られずまことに清々しい夕方となった。


【2017年10月23日(月)】
 午後、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったものの、建物北西角のあたりに合計7本の吸い殻がポイ捨てされていた。月曜日日中に隠れ喫煙が行われたものと推定される。


【2017年10月23日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られず、まことに清々しい朝となった。なお未明に接近した台風21号による樹木への被害は軽微であった。


【2017年10月23日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られず、まことに清々しい朝となった。なお未明に接近した台風21号による樹木への被害は軽微であった。


【2017年10月20日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側砂利敷付近、西側自販機前に合計19本の吸い殻がポイ捨てされていた。今回は、講義棟東出入口階段の南東隅にも1本のポイ捨てがあった。あのような場所で日中に喫煙する者は居ないので、おそらく夜間に、重度のニコチン依存者が授業を抜け出して違反喫煙し、しかもニコチン依存による責任能力の喪失により後始末ができずにポイ捨てしたものと推測される。


【2017年10月19日(木)】
 午後、教養教育科目担当のため座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したところ、ベンチ広場は誰も利用していなかったが、東端の民家に隣接した川沿いのほうから、教職員と見られる男性が西方向に歩いてきた。手にはタバコの箱を握っておられるように見えたが、違反喫煙のあとかどうか確認できなかったのでそのまますれ違った。
 授業後に再び座主川沿いを通過した時には誰も居なかった。


【2017年10月19日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側砂利敷付近、西側自販機前に合計13本の吸い殻がポイ捨てされていた。今回は、講義棟北東側にも2本のポイ捨てがあった。また、北出入口脇に投げ捨てられたタバコの空き箱(黒)やペットボトル、空き缶類も残っていた。


【2017年10月17日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側砂利敷付近、西側自販機前に合計15本の吸い殻がポイ捨てされていた。また、北出入口脇にはタバコの空き箱(黒)もポイ捨てされており、悪質喫煙者の人間失格ぶりが露呈した。


【2017年10月16日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側砂利敷付近、西側自販機前に合計10本の吸い殻がポイ捨てされていた。日曜日は終日雨が降っていたので、金曜日夕刻以降〜土曜日のポイ捨てと推定される。


【2017年10月13日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側砂利敷付近に合計27本の吸い殻のほか、タバコの空き箱や空き缶、ペットボトルなどが投げ捨てられていた。岡大生の中のごく一握り、数人程度の小集団と思われるが、こうした連中をこのまま野放しにしてよいものかどうか大いに考えさせられる。もっとも、こういう連中が喫煙を続ければいずれタバコ起因の重篤な疾患にかかりもがき苦しむことになる。それも自業自得か。


【2017年10月12日(木)】
 この日の午後、教養教育科目担当のため、座主川沿い・理学部南ベンチ広場付近を2度にわたり通過したが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい午後となった。


【2017年10月12日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側砂利敷付近、西側自販機前に合計45本の吸い殻のほか、ペットボトルやティッシュが投げ捨てられていた。写真照合の結果、このうち20本は昨日朝までの古い吸い殻とゴミであることが確認された。引き続き、どの時間帯に集団喫煙が行われているのか調査中。


【2017年10月12日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、昨日同様、遊歩道各所や理学部南ベンチ広場周辺に吸い殻や空き缶などが投げ捨てられていた。


【2017年10月11日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側砂利敷付近に合計20本の吸い殻のほか、ペットボトルやティッシュが投げ捨てられていた。時間帯は不明だが、この場所で、悪質な集団喫煙が行われたものと思われる。違反喫煙に加えて、ゴミを平気で投げ捨てるような者は岡大生としては失格であり、もう一度幼稚園に入り直して、最低限のしつけをしてもらうべきである。


【2017年10月11日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道各所に吸い殻や空き缶などが投げ捨てられていた。また、理学部南・ベンチ広場周辺は、落ち葉に隠れて10本前後の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年10月10日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側砂利敷付近に合計16本の吸い殻がポイ捨てされていた。出張のため連休中のポイ捨てはチェックしていないが、古い吸い殻が多いことから、前週金曜日夕方にポイ捨てされたものと推測される。


【2017年10月10日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られず、各ベンチ広場におけるポイ捨て吸い殻もごくわずかで、まことに清々しい朝となった。なお、岡大西門・西側ベンチ広場には人影がなかった。


【2017年10月5日(木)】
 この日の午後は、教養教育科目担当のため座主川沿い・理学部南ベンチ広場前を通過した。往路はベンチに2名の男子学生が座っていたがいずれもスマホを操作しているだけで喫煙していなかった。このような形で非喫煙者が頻繁にベンチを利用するようになれば、公共空間における悪質喫煙行為は必然的に駆逐されることになるだろう。
 なお復路は人影がなく、新たなポイ捨ても確認されず、まことにすがすがしい夕方となった。


【2017年10月5日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側砂利敷付近に合計18本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日午後は殆ど授業が無かったはず。どの時間帯に集団喫煙が行われたのだろうか。今後さらに巡回回数を増やしていくことにしたい。


【2017年10月5日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道路上、座主川沿い・理学部南ベンチ広場に新しい吸い殻がポイ捨てされていた。また、理学部南ベンチ広場より東側の樹木の下にも数本の吸い殻があり、落ち葉に燃え移って隣接する民家まで延焼する恐れが懸念される。
 「レトロな門」から出た東西通り歩道角(敷地外)のところでは、派遣業者さんと見られる年配の女性が喫煙をしていた。敷地内禁煙を守ってくださるのはありがたいことだが、歩行者には受動喫煙の被害が及ぶし、御自身やご家族のためにも禁煙に踏み切っていただきたいところだ。


【2017年10月4日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側砂利敷付近に合計23本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日昼の巡回時は1本のみであったことが確認されており、午後から夕方にこの場所で悪質な居直り的集団喫煙が行われたものと推測される。また、心理学別棟実験棟の入り口付近にも新しい吸い殻1本がポイ捨てされていた。今後、日中の巡回頻度を増やして、悪質喫煙者に厳しく対応していくことにしたい。


【2017年10月4日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、岡大東門バス停北と理学部南のベンチ広場付近にそれぞれ5本前後の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。また、「レトロな門」東の取水設備にはハイライトの空き箱が投げ捨てられていた。この場所では、これまでにも何度かハイライトの空き箱が捨てられており、自分のゴミを始末するという責任能力を喪失した同一人物による行為と推測される。


【2017年10月3日(火)】
 昼休みに文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為は見られず、ポイ捨ては、草むらにあった古い吸い殻1本のみであって、朝確認された32本はすべて職員のご尽力により除去されていた。


【2017年10月3日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側砂利敷付近に合計32本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日はずっと雨であったが、日中のポイ捨てなのか、夕方以降のポイ捨てなのかは確認できていない。いずれにせよ、こうした、居直り的悪質喫煙者をこのまま岡大の卒業生として社会に送り出すことは岡大の信頼を損ねることにつながる。在学中に徹底した禁煙指導を行うか、もしくは、卒業をさせないといった対応が必要になると思う。


【2017年10月3日(火)】
 朝、工学部前を通過したところ、1号館正面のベンチ周辺に、それぞれ数本ずつの吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年9月30日(土)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、ポイ捨て吸い殻は昼と同数の2本のままであった。講義棟での受講生による新たなポイ捨ては行われなかったようで、まことに清々しい夕方となった。


【2017年9月30日(土)】
 昼頃、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、新しい吸い殻2本がポイ捨てされていた。なお、この日はグラウンドでソフトボールの練習が行われていたほか、講義室で何らかの講座もしくは研修が行われており、学生の出入りが見られた。


【2017年9月29日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られず、吸い殻も完全に除去されており、まことに清々しい朝となった。


【2017年9月29日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道路上に数本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。また理学部南ベンチ広場では、全面禁煙の看板近くに新しい吸い殻2本が落ちていた。全面禁煙の方針に断乎反対している居直り喫煙者による示威的ポイ捨ての可能性もある。(←もっとも、居直り喫煙を続けることは最終的にはその人自身の健康被害という、自業自得の結果をもたらす。)


【2017年9月28日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られず、吸い殻も完全に除去されており、まことに清々しい朝となった。


【2017年9月27日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻は、西側自販機前の1本のみであった。この1本は昨日朝と同一と見られる。


【2017年9月27日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道路上に数本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。岡大東門バス停北のベンチ広場には、ベンチの真下に新しい吸い殻が数本ポイ捨てされていた。理学部南ベンチ広場では顕著なポイ捨てはなかった。また、岡大西門・西側ベンチ広場での喫煙行為も無かった。


【2017年9月26日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻は、西側自販機前の1本のみであった。


【2017年9月26日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道東端で、何度もお見かけしたことのある派遣業者さんの男性がしゃがんで喫煙をしておられた。この男性とはこれまで何度もお話しさせていただいたことがあるが、何が何でもこの場所でないと喫煙できないようである。このほか、


【2017年9月24日(日)】
 昼過ぎに文法経講義棟周辺を通過したが、喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻はすべて除去されており、まことに清々しい昼となった。


【2017年9月24日(日)】
 この日は放送大学の入学者の集いが行われていた。久しぶりに、座主川沿い遊歩道の西端から岡大西門を通行したが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい昼となった。


【2017年9月22日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、東講義棟北出入口付近を中心に合計12本の吸い殻がポイ捨てされており、また階段の横にはタバコの空き箱が投げ捨てられていた。全面禁煙を無視した、特定人物による居直り喫煙によるものと推測される。


【2017年9月15日(金)】
 夕刻、文法経講義棟裏を通過したところ、男子学生1名が西講義棟北出入口の階段に座って、スマホを操作しながら喫煙をしていた。さっそく近寄り、 などと説諭させていただいた【会話のやりとりは長谷川の記憶に基づくため不正確な可能性あり】。
 なお、このあと、岡大西門を通過したが、座主川沿い・理学部西ベンチ広場や西門・西側ベンチ広場での喫煙行為は見当たらなかった。


【2017年9月15日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近に8本、北西角の砂利敷付近に4本、合計12本の吸い殻がポイ捨てされていた。集中講義の受講生によるものと推測されるが、禁煙を呼びかける掲示を無視して違反喫煙し、くわえて吸い殻をポイ捨てするというのはもってのほか。単位がとれても、岡大生として卒業するべきではない。


【2017年9月15日(金)】
 朝、座主川沿い・理学部南ベンチ広場から岡大西門を通過したが、喫煙行為は見られずまことに清々しい朝となった。ベンチ広場周辺には落ち葉が溜まっており、ポイ捨てによる火災発生が懸念される。


【2017年9月6日(水)】
 12時40分頃に、岡大西門付近を通過したところ、座主川沿い・理学部南ベンチ広場の東側(個人宅の近く)の川縁で、男性職員1名が何かを食べておられた。この男性職員は、以前、座主川沿いのいくつかの場所で喫煙をしていたことがあり、何度かご注意を申し上げたところであるが、今回は喫煙をやめて食事をしておられたのか、それともすでに喫煙を終えたのかは確認できなかった。

 その後、西門を通過しようとしたところ、西門西側を数mほど入った遊歩道付近で煙が立ち上っていたのでかけつけてみると、職員証をぶらさげた年配の男性職員2名が喫煙を終えたところであった。さっそく、「職員の方ならこの場所が禁煙であることはご存じのはずでしょ。」と告げたが、年配の眼鏡をかけた職員はニヤニヤするだけ、若い職員はうなずいただけで交差点を南の方に移動していかれた。

 いくらニコチン依存により、敷地内禁煙を守るという理性が失われているとはいえ、学生の範を示すべき教職員が、このような場所で喫煙をするとはもってのほかである。


【2017年9月5日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物西側に新しい吸い殻1本がポイ捨てされていた。集中講義の受講生によるものと思われる。


【2017年9月5日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらず、まことに清々しい朝となった。但し、理学部南ベンチ広場では、全面禁煙の看板のすぐ近くにあるベンチの足元のポイ捨て吸い殻がさらに増えており、悪質喫煙者による自己責任能力喪失ぶりがまたまた露呈していた。


【2017年9月4日(月)】
 この日の午後、一般教育棟構内に複数回用事があり、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を何度か通過したが、喫煙行為は全く見当たらず、まことに清々しい午後となった。


【2017年9月4日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらず、まことに清々しい朝となった。岡大東門バス停北のベンチ広場では、年配の男性が自転車を駐めて新聞を拡げていた。自転車かごにはタバコの赤い箱のようなものが見えたが、この場所での喫煙はしておられなかったので、おはようございますと挨拶をして通り過ぎた。このベンチ広場と、理学部南ベンチ広場では、ポイ捨て吸い殻が10〜20本に増えていた。


【2017年9月3日(日)】
 この日は、国家公務員採用試験、電気主任技術者試験、火薬類取扱保安責任者試験が行われていたが、座主川沿いでの違反喫煙行為は見られなかった。国家公務員採用試験の会場は文法経講義棟であったが、高卒者採用試験のため当然のことながら喫煙行為は全く見られず、まことに清々しい日曜日となった。


【2017年9月2日(土)】
 この日は、日本経営学会第91回大会の最終日であり、夕刻には後片付けをする光景が見られた。念のため講義棟裏を回ってみたが吸い殻は1本もポイ捨てされておらず、まことに清々しい夕方となった。


【2017年9月2日(土)】
 夕刻、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したところ、ベンチの下に空き箱1個、その周辺に吸い殻数本が投げ捨てられていた。違反喫煙のすえ、自分のゴミさえ始末できないという、ニコチン依存者の本質が示されていた。


【2017年8月30日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られず、まことに清々しい朝となった。この日から日本経営学会第91回大会が講義棟などで開催されるようだが、参加者に敷地内全面禁煙が周知されているかどうか若干気になるところである。


【2017年8月29日(火)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られず、まことに清々しい朝となった。


【2017年8月29日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られず、まことに清々しい朝となった。


【2017年8月29日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらず、まことに清々しい朝となった。なお、教職員とみられる男性1名が座主川左岸の下流側から岡大西門西側ベンチ広場にやってきて腰をかけたところまで目撃したが、時間の関係で、その後の様子は確認できなかった。


【2017年8月28日(月)】
 この日は、講義棟で何らかの集中講義、グラウンドでソフトボールの練習が行われていた。夕刻、ちょうど集中講義が終わった時間帯に講義棟裏を通過したが、喫煙行為は見られず、またポイ捨て吸い殻も全く確認されず、まことに清々しい夕方となった。


【2017年8月28日(月)】
 昼、本部棟で会議があり岡大西門を通過したが、座主川沿い・理学部南ベンチ広場には人影がなかった。いっぽう、座主川左岸・西門西側のベンチ広場奥に男子学生1名が座っていたので念のため近づいてみたが、スマホを操作しておられるだけで喫煙は確認されなかった。非喫煙者が大勢ベンチ利用するようになれば、おのずからこの場所での喫煙は駆逐されるであろう。


【2017年8月28日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらず、まことに清々しい朝となった。遊歩道沿いや理学部南ベンチ広場付近では吸い殻のポイ捨てが目立っていたが、岡大東門バス停北のベンチ広場は、清掃活動により吸い殻が除去されていた。岡大西門・西側のベンチ広場での喫煙は見当たらなかった。


【2017年8月27日(日)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、↓の清掃活動のおかげか、もともと喫煙行為が無かったのか、吸い殻は1本も見当たらなかった。
 その後、岡大西門を通過したところ、西門西側のベンチ広場の奥のほうで、中高年男性1名が自転車を駐めて涼んでおられたが喫煙はしておられなかった。昼頃に喫煙行為のあったベンチ広場付近を念入りにチェックしたが、多少の灰は落ちていたものの、ポイ捨て吸い殻はゼロであった。


【2017年8月27日(日)】
 午後、文学部3階から中庭を見下ろしたところ、社会保険労務士試験のスタッフと思われる方数人がゴミ袋を持って講義棟周辺を巡回しておられた。


【2017年8月27日(日)】
 昼頃に文法経講義棟周辺を巡回したところ、社会保険労務士試験の受験生と思われる社会人の人たちが、講義棟裏、文学部中庭一帯で多数待機しておられた。自転車で一周したが、喫煙行為は見当たらず、まことに清々しい受験風景となった。


【2017年8月27日(日)】
 この日は、一般教育棟で消防設備士試験、文法経講義棟では社会保険労務士試験が行われていた。
 昼頃に岡大西門を通過したところ、座主川沿い・理学部南ベンチ広場で社会人女性が喫煙しており、足元に吸い殻2本が揃って置かれていた(←試験前に3本も吸わないと受験できないというのは、ニコチン依存が酷すぎるのではないか)。さっそくこの場所は禁煙であること、火災発生の危険があることを申し上げた。すでに吸い終えた2本を含めて吸い殻は持って帰ると言っておられた。
 そのあと西門を通過しようとしたところ、座主川左岸・西門西側のベンチ広場にも10人前後の受験生とみられる社会人が参考書に目を通しておられたが、その中の少なくとも3人が喫煙をしていたのでさっそく近寄り、全体に聞こえるような大きな声で、喫煙をやめていただくようにお願いした。喫煙者自身がルールを守っていただくのはもちろんだが、ベンチに座っている他の人からも受動喫煙被害を阻止するために声かけをしてほしいものだ。


【2017年8月26日(土)】
 昼頃、岡大西門、文法経講義棟裏を通過したが、喫煙行為は見当たらずまことに清々しい昼となった。なお、講義棟では何らかの資格試験の準備が行われていた。


【2017年8月25日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見当たらなかったが、北西側の砂利敷きに吸い殻1本がポイ捨てされていた。但し、昨日夕刻の清掃作業で見落とされていたものかもしれない。


【2017年8月25日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらず、まことに清々しい朝となった。清掃作業が行われたのか、岡大東門バス停北ベンチ広場の吸い殻はほぼ除去されていたが、理学部南ベンチ広場付近のポイ捨ては昨日より増えていた。敷地内であっても人に見つからなければ平気で違反喫煙することは、人に見つからなければデータを捏造したり平気で横領したりする行動に般化する恐れがあり、将来が心配される。


【2017年8月24日(木)】
 夕刻、教育学部周辺を通過したところ、教員免許更新講習の参加者と思われる車が岡大東門のゲート付近に行列していた。念のため、座主川沿い・教育学部南付近を観察してみたが、喫煙行為は見られず、まことに清々しい夕方となった。


【2017年8月24日(木)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、喫煙行為は見られず、また朝確認した吸い殻も除去されており、まことに清々しい夕方となった。


【2017年8月24日(木)】
 ピーチユニオンで昼食をとるために岡大西門を通過したところ、座主川沿い・理学部南ベンチ広場や西門西側のベンチ広場では喫煙行為は見られなかった。


【2017年8月24日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北西側の砂利敷と縁石付近に合計3本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日は講義棟に出入りする学生を何度か見かけたが、何らかの講義もしくは講習が始まったようであり、注意が必要となってきた。


【2017年8月24日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらず、まことに清々しい朝となった。いっぽう、「レトロな門」より東側の遊歩道沿い、「ポイ捨て禁止」の掲示近くにはポイ捨て吸い殻が増えていた。


【2017年8月23日(水)】
 ピーチユニオンで昼食をとるために岡大西門を通過したところ、座主川沿い・理学部南ベンチ広場や西門西側のベンチ広場では喫煙行為は見られなかった。
(帰路、西門西側のベンチに男子学生1名が座っていたので、念のため様子をうかがったが、スマホの操作のみでタバコは手にしていないことが確認できたのでそのまま立ち去った。)


【2017年8月23日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られず、まことに清々しい朝となった。


【2017年8月23日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらず、まことに清々しい朝となった。前日は「スワンスワン」企画で座主川沿いの巡視が行われたはずであるが、遊歩道上のポイ捨て吸い殻はそのまま残っていた。但し、一部のベンチ広場では、灰のみがこびりついていた場所があったことから、吸い殻のみ回収されたかもしれない。


【2017年8月22日(火)】
 ピーチユニオンで昼食をとるために岡大西門を通過したところ、座主川沿い・理学部南ベンチ広場や西門西側のベンチ広場では喫煙行為は見られなかった。


【2017年8月22日(火)】
 この日は、大学院博士前期課程10月入学のための入試が行われていたが、講義棟周辺での喫煙やポイ捨ては全く見られなかった。


【2017年8月22日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらず、まことに清々しい朝となった。


【2017年8月21日(月)】
 夕刻、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したが、喫煙行為は見られず、まことに清々しい夕方となった。


【2017年8月21日(月)】
 ピーチユニオンで昼食をとるために岡大西門を通過したところ、座主川沿い・理学部南ベンチ広場や西門西側のベンチ広場では喫煙行為は見られなかった。帰路、岡大西門の橋の南東側から遊歩道に数mほど敷地内に入ったところで、社会人男性1名が喫煙をしていたので、ほんの数mのことであるが、この場所は敷地内であると告げた。また、敷地外に出た場所はかえって通行人に受動喫煙被害を及ぼす恐れがあるので、いちばんいいのは大学に来た時には喫煙を差し控えていただくことであると申し上げた。
 なお、この男性は携帯灰皿を使用しておられたが、念のため、理学部南ベンチ広場では、違反喫煙に加えて、吸い殻ポイ捨てが目に余るほどであること、また、座主川沿いのさらに東側の遊歩道は落ち葉が多く、いつ火事が起きてもおかしくない危険な状態にあることなどをお話しさせていただいた。


【2017年8月21日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為は見られず、また吸い殻も全く落ちていなかった。土日にはグラウンド利用者もあったが、悪質喫煙は行われなかったようだ。


【2017年8月21日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらず、まことに清々しい朝となった。ポイ捨て吸い殻のほうは、「レトロな門」東側の遊歩道脇で若干増えていた。


【2017年8月19日(土)】
 ピーチユニオンで昼食をとるさいに岡大西門を通過したが、座主川沿い・理学部南ベンチ広場や西門西側のベンチ広場では喫煙行為は見られず、まことに清々しい昼となった。


【2017年8月18日(金)】

 夕刻、座主川沿い遊歩道の東端で写真を撮っていたところ、教育学部東門のほうから男子学生が歩行喫煙をしながら東方向に移動してきた。さっそく呼び止めて、この場所での喫煙は、敷地内全面禁煙に反する行為であるが、それに加えて、歩きながらの喫煙は火災発生の恐れがあり大変危険であること、日中は分かりにくいが、夜暗いところであれば、歩行中に落ちた灰が真っ赤に燃えていることがわかること、などを説諭した。この男子学生は、こちらが何かを喋るために「ありがとうございます」と返事していたが、こういう場面で「ありがとう」というのは場違いではないかという気もした。いずれにせよ、返事のしかたに特色があったので、次回に喫煙行為を見つけた時にはすぐに同一人物であると分かるだろう。なおこの学生は、橋を渡って、北方向に向かった。


【2017年8月18日(金)】
 この日はピーチユニオン2階で昼食をとった。行き帰りに座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したが、喫煙行為は見当たらずまことに清々しい昼となった。


【2017年8月18日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為も吸い殻も全く無かった。昨日朝、自販機ゴミ箱の前にゴミと一緒に落ちていた吸い殻も除去されていた。



【2017年8月18日(金)】
朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらずまことに清々しい朝となった。
 昨日夕刻、教員免許状更新講習の参加者とみられる男性2名が喫煙していた現場に行ってみたが、新しい吸い殻は落ちていなかった。おそらく空き缶に入れて持ち帰ったものと思われる。(←とはいえ、吸い殻がいっぱい詰まった空き缶を空き缶回収箱に廃棄することは分別収集に反する行為ではある。)
 また、理学部南ベンチ広場では、この場所を私設喫煙所としている悪質常習喫煙者によると思われる新しい吸い殻がポイ捨てされていた。




【2017年8月17日(木)】
 夕刻、教育学部近くを通過したところ、教員免許状更新講習参加者とみられる車が岡大東門出口付近で行列をつくっていた。その後、教育学部東門に近づいたところ、座主川方面から教育学部方面に戻ろうとしている男性1名とすれ違った。男性は空き缶を持っていた。さらに、座主川右岸の船着き場のようなスロープのあたり【いちおう岡大の敷地外だが、用水路の管理区域】で男性2名が喫煙をしていた。いずれも講習参加者とみられる。
 小中高では学校敷地内禁煙は常識となっているはずで、学校の先生は日中は喫煙せずに勤務をしておられるはず。岡大に来た時にわざわざ喫煙をしなくてもいいと思う。またこの件では、講習の案内情報に「敷地内禁煙」、「座主川沿いも敷地内なので禁煙」、「東西通り歩道上や座主川の橋の上なども受動喫煙の被害を及ぼすので自粛」などを呼びかけるメッセージを入れていただければ徹底できるのではないかと思う。学校の先生であれば、まさか、隠れ喫煙やポイ捨てはしないだろうし。



【2017年8月17日(木)】
 一斉休業日明けの17日朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、講義棟裏には吸い殻は見当たらなかったものの、自販機前のゴミ箱の前に他のゴミに混じって吸い殻2本が落ちていた。この場所での喫煙によるポイ捨てであるのか、他のゴミと一緒に捨てられたのかは不明。


【2017年8月17日(木)】
 一斉休業日明けの17日朝、教育学部周辺を通過したところ、教員免許状更新講習の看板が設置されていた。そういえば、昨年も、講習に来られた先生が座主川沿いで喫煙しておりご注意申し上げたことがある。「学外から来られる高校の先生が喫煙できないのは気の毒だ」といった声もあると聞くが、勤務先の高校では敷地内禁煙は常識。ニコチン依存から脱却できるような環境を整えることこそが真の思いやりであり、臨時喫煙所を設けて欲しいなどという主張は本末転倒であろう。


【2017年8月11日(金)〜8月16日(水)】

 11日の「山の日」からの3連休と、14日〜16日の岡大一斉休業日期間も毎日研究室に通っていたが、この期間は閑散としており、座主川沿いでの喫煙や新たなポイ捨ては全く見られなかった。日によっては、お盆の時期に岡山に帰省されたと思われる家族連れ、放送大学関係者、何らかの講演会の参加者などが文学部中庭などを通過しておられたが、喫煙やポイ捨ては全く見られずまことに清々しい6連休期間となった。



【2017年8月9日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為も吸い殻も全く無かった。夏休み期間中に入ったため、炎天下にここまでやってきてわざわざ喫煙する者はおるまい。


【2017年8月10日(木)】
朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらず、また、ポイ捨て吸い殻も「レトロな門」周辺の数本を除き、大部分が除去されていた。理学部南ベンチ広場でこれまで頻繁にポイ捨てしていた悪質喫煙者集団はどうやら夏休みに入ったようである。


【2017年8月9日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見当たらず、建物北西側の砂利敷に古い吸い殻1本が残っているだけであった。2学期の授業が終了したため、外部試験や何らかの資格取得講座が行われない限りは、隠れ喫煙やポイ捨ては激減するものと思われる。


【2017年8月9日(水)】
朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらず、また、ポイ捨て吸い殻も、理学部南の数本を除き、大部分が除去されていた。前日に何らかの清掃作業が行われた模様。


【2017年8月8日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北西側の砂利敷一帯を中心に合計16本の吸い殻がポイ捨てされていた。月曜日は台風5号が接近していたものの授業は平常通り行われており、受講生によるポイ捨ての可能性が高い。なお、8日は補講日となっているが、受講生はきわめて少ないものと予想される。また、9日からは夏休みに入る。


【2017年8月8日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらなかったが、特に、理学部南ベンチ広場でのポイ捨てが目についた。但し、土曜日以降、新しいポイ捨ては殆ど無かった模様。


【2017年8月6日(日)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も見当たらず、まことに清々しい夕方となった。


【2017年8月6日(日)】
 日曜日ながら平常出勤。朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらなかったが、特に、理学部南ベンチ広場でのポイ捨てが目についた。


【2017年8月5日(土)】
 この日は岡大オープンキャンパスの1日目となっている。朝、岡大西門付近を通過したが、座主川沿い・理学部南ベンチ広場や、西門西側のベンチ広場での喫煙行為は見当たらなかった。また文法経講義棟周辺の吸い殻は、職員のご尽力により完全に除去されており、まことに清々しい朝となった。


【2017年8月4日(金)】
 午後、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したが、喫煙行為は全く見られなかった。しかし、その30分後に車で東西通りを通過したところ、男子学生4名が喫煙しているところが見えた。(2名は川沿い、残り2名はベンチ付近。)
 この連中かどうかは未確認だが、理学部南ベンチ広場付近には、全面禁煙の看板や掲示が多数設置されているにもかかわらず、それらを完全に無視してベンチを占有し我が物顔に喫煙・ポイ捨てを繰り返す常習集団がいるようだ。こういう悪質喫煙学生たちにはもはや、言葉による説得は困難。すでに学内には、悪質喫煙は処分(学生であれば停学、訓戒等、教職員であれば減給、停職等)を検討するべきであるという声が上がっているが、こういう常習者は個人名を特定した上で、しかるべき処置をとっていく必要があるように思う。少なくとも、こういう悪質行為を繰り返す者を、そっくりそのままの状態で岡大卒業生として世間に送り出してはなるまい。


【2017年8月4日(金)】
 午前中、図書館前を通過したところ、建物裏(北東側)で男子学生が喫煙をしているのが見えた。そこには2名がいたが、もう1名(左手)は、喫煙していなかった。(喫煙を終えた可能性もある。)さっそく近寄り、「このような暑い場所で喫煙をしなければならないというのは、かなりのニコチン依存だな」と告げたあと、喫煙をしていないもう1名に向かって、「(あくまで、あなたが喫煙をしていないならばだが)友達が隣で喫煙していてその有害な煙をかぶるのと、友達の喫煙を止めさせて互いの健康を守るのとどちらが真の友情になるのかかんがえてもらいたい。」と述べた。
 第2学期終了にともない講義棟裏にかわって図書館裏での違反喫煙が増えると予想されるので、今後も機会あるごとに巡回することにしたい。


【2017年8月4日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したところ、東講義棟北出入口脇、西講義棟北出入口、建物北側、西側自販機前に合計9本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日より3本の増加。


【2017年8月4日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらなかったが、特に、理学部南ベンチ広場でのポイ捨てが目についた。
 また、座主川左岸・岡大西門西側のベンチ広場に自転車た駐められているのが見えたので、先日ご注意申し上げた職員がまたまた喫煙をしているのかと思って近寄ったところ、自転車の持ち主は高齢女性であり、その場で体操をしておられた。そのあと、以前、この場所で喫煙をしていた可能性のある男性が通過していたが、ベンチに着席する様子はなくそのまま西の方に歩いていかれた。また座主川右岸遊歩道には、ベビーカーに赤ちゃんを乗せた女性とその母親と見られる高齢女性が散策をしておられた。
 この季節、座主川沿いは周辺住民にとっても、猛暑をしのぐ涼みどころとなっている。傍若無人なニコチン依存者による違反喫煙(全面禁煙に違反)+迷惑喫煙(通行人への受動喫煙)+危険喫煙(灰や吸い殻ポイ捨てによる火災発生)はその敵であり、周辺住民と連携した撲滅運動に取り組む必要がある。


【2017年8月3日(木)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、合計6本の吸い殻がポイ捨てされていた。朝に比べて3本の増加。
 そのあと、図書館付近を通過したところ、図書館裏(北東側)に人影が見えたので近寄ってみたところ、男子学生が右手でスマホを持って通話をしていた。左手はポケットのあたりを触れていてタバコは持っていなかった。このあたりではしばしば違反喫煙の苦情が寄せられており、今後も観察を続けていきたい。


【2017年8月3日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、東講義棟北出入口脇、西講義棟北出入口、建物北側に合計3本の吸い殻がポイ捨てされていた。うち、東講義棟北出入口脇の1本は以前から残っているもの、他の2本は、前日夕刻以降に新しくポイ捨てされた可能性が高い。


【2017年8月3日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらなかったが、特に、理学部南ベンチ広場でのポイ捨てが目についた。昨日は、オープンキャンパス開催に向けた全学一斉の環境整備作業が行われたが、座主川沿いは各部局の担当エリアではないため、ごく一部しか清掃が行われなかったようである。


【2017年8月2日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、東講義棟北出入口脇、西講義棟北出入口、建物北側に合計13本の吸い殻がポイ捨てされていた。一部は、昨日確認した吸い殻と同一であったが、比較的新しいものも確認された。


【2017年8月3日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらなかったが、特に、理学部南ベンチ広場でのポイ捨てが目についた。昨日は、オープンキャンパス開催に向けた全学一斉の環境整備作業が行われたが、座主川沿いは各部局の担当エリアではないため、ごく一部しか清掃が行われなかったようである。


【2017年8月2日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらなかったが、相変わらずポイ捨てが目についた。岡大東門バス停北のベンチ広場には、燃えさし部分が原型をとどめている吸い殻が複数あり、バスの待合者などがきっちりと消火せずにそのまま吸い殻を投げ捨てた可能性のあることが確認できた。また、理学部南ベンチ広場付近には相変わらず、全面禁煙の看板を無視した多数の吸い殻がポイ捨てされていた。
 このほか、「レトロな門」付近を通過中、何らかの工事の作業員とみられる男性が、橋を渡って、座主川左岸遊歩道方向に歩いて行かれた。遊歩道沿いを敷地外であると勘違いして喫煙所代わりにしておられる可能性があり、明日以降、確認したいと思う。


【2017年8月1日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、東講義棟北出入口脇、西講義棟北出入口、建物北側に合計8本の吸い殻がポイ捨てされていた。東講義棟北出入口脇でのポイ捨ては久しぶりのことである。昨日夕刻は雷雨となっていたため、重度のニコチン依存者が、雨に濡れない場所で違反喫煙し、かつ、自分の吸い殻を後始末するという人間として当たり前のはずの責任能力がニコチン依存によって喪失しているためにこの場所にポイ捨てしたものと推測される。


【2017年7月31日(月)】
 夕刻、岡大西門を通過したが、座主川沿い・理学部南ベンチ広場付近での喫煙行為は見当たらず、まことに清々しい夕方となった。但し、東西通り歩道上では2名の男性が喫煙をしており、敷地外とはいえ、通行人に受動喫煙の被害を及ぼす恐れがある。敷地外での喫煙は当然の権利だなどと考えず、最終的には禁煙に踏み切っていただくことが望ましい。


【2017年7月31日(月)】
 昼頃、本部棟で行われた会議出席のため、岡大西門を付近を2度にわたり通過したが、座主川沿いベンチ広場(理学部南、岡大西門西)では喫煙行為は見られず、炎天下ながらまことに清々しい昼となった。


【2017年7月31日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角の縁石・砂利敷付近に合計20本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。日曜日より2本の増加だが、日曜日夕刻以降に新たな喫煙があったのか、単なるカウントミスであるのかは定かではない。


【2017年7月31日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらなかったが、相変わらずポイ捨てが目についた。特に、理学部南ベンチ広場では、全面禁煙の看板が目の前にあるにもかかわらず、各ベンチの足元にはそれぞれ10本以上の吸い殻が散乱しており、ニコチン依存者たちの悪質ぶり、傍若無人が露呈している。


【2017年7月30日(日)】
 夕刻、自転車で座主川沿い右岸遊歩道(岡大西門〜西端)を通過したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も見当たらず、まことに清々しい夕方となった。
 その後、農学部構内を通過したところ、農学部西の駐車場を利用していると思われる、ファジアーノの応援ユニフォームを着た若い男性が、火の付いていないタバコをくわえながら、岡大南宿舎・合同宿舎方面に歩いて行くのが見えた。農学部構内では喫煙を思いとどまっているようであるが、このあと、宿舎敷地内や運動公園方面への公道上で歩行喫煙をするのではないかと思いやられた。


【2017年7月30日(日)】
 昼過ぎに文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角の縁石・砂利敷付近に合計18本の吸い殻がポイ捨てされていた。土曜日は巡回していないので、ポイ捨ての時間帯については未確認。


【2017年7月30日(日)】
 自転車で岡大構内を通過したところ、座主川沿い・理学部南ベンチ広場と、教育学部北・生協ピオーネショップ近くに、同じ色のタバコ空き箱が投げ捨てられていた。悪質喫煙者たちは、敷地内全面禁煙を無視するばかりでなく、大学構内をゴミ箱代わりにしているようである。


【2017年7月28日(金)】
 17時過ぎに教育学部構内を通過したところ、教職員とみられる白いカッターシャツを着た男性2名が連れだって建物から出てきて、教育学部東門の外の橋から数メートルほど中に入った座主川右岸(北側、敷地内)で喫煙を開始したが、遠方であったため、わざわざ近寄って声をかけることはできなかった。教職員であれば当該場所が敷地内であることは十分ご存じのはずだ。勝手に私設喫煙所にしてもらっては困る。また、職場から離席し、喫煙のために連れだって外出するということは、タバコをあまり吸いたくない喫煙者にも喫煙を誘う可能性があり、結果として喫煙頻度を増やすことになるため、禁煙サポート上望ましくないとも言える。職場の仲間どうしでは、喫煙に誘われた時には、逆に禁煙をオススメすることのほうが、相手の健康を慮る適切な対応と言えよう。


【2017年7月28日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角の縁石・砂利敷付近に合計12本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。ニコチン依存の悪質喫煙者たちは、周囲に迷惑がかかろうが、火災が発生しようが、吸い殻が散乱しようが、自分たちさえよければどうでもいい、と考えているようである。


【2017年7月28日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見当たらなかったが、教育学部東門の橋付近で男子学生1名が喫煙を開始、まだ理学部南ベンチ広場から東西通り歩道に向かって歩いている顔なじみの男性(大学院生と思われる)が歩道上での喫煙を始めようとしているところであった。
 岡大東門バス停北、レトロな門周辺、理学部南ベンチ広場にはまたまた新しい吸い殻が5本〜10本前後ポイ捨てされていた。


【2017年7月27日(木)】
 この日は、朝方、保健管理センター前で胃バリウム検診、その後、同じホケカン2階で喫煙対策WGの会議に出席したが、往復のさい、座主川沿い・理学部南ベンチ広場や、岡大西門西側のベンチ広場では喫煙行為は見当たらず、まことに清々しい朝となった。


【2017年7月26日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角の縁石・砂利敷付近に合計11本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年7月25日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角の縁石・砂利敷付近に合計6本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻時点でのポイ捨てはゼロであったこと、いずれの吸い殻も雨で濡れていたことから、昨日夜間に集団喫煙があったものと推測される。


【2017年7月25日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、岡大西門西側のベンチ広場のメタセコイアの影になっているベンチで、教職員とみられる男性が喫煙をしていたので、さっそく近づき、この場所は敷地内であり禁煙であると申し上げた。
 教職員であるにもかかわらずこの場所で喫煙していたことについては、この場所は吸ってもよい場所だと思っていたというお答えであったので、この場所は農業用水管理エリア以外は岡大の敷地であり、少し離れたところにもその表示があると申し上げた。
 さらに、この場所での喫煙は火災の発生があること、吸い殻のポイ捨てばかりでなく、落ちる灰によっても火災は発生すること、じっさい、津島北キャンパス南西端のあたりで過去にタバコが原因と思われる火災が発生したことなどを挙げさせてもらった。
 なお「この場所は吸ってもよい場所だと思っていた」という点であるが、教職員であれば、まずこの場所が岡大に敷地内であるのかどうかを公式に確認し、【実際はそうではないが】敷地外でありかつ喫煙が認められている場所であると確認できた時に限り喫煙すべきであろう。私的な推測だけで敷地外であると勝手に判断されたのでは困る。また、岡大の方針は「全面禁煙」であって「原則禁煙」ではないのだから、この場所が敷地内であると確認できれば、その場所で喫煙が認められないのは当然のことで、いかなる黙認も例外もあり得ない。その上で支障があるというなら、ご自身のニコチン依存を治療するべきである。


【2017年7月24日(月)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見当たらず、まことに清々しい夕方となった。


【2017年7月24日(月)】
 朝、岡大西門を通過したが、座主川沿いの理学部南ベンチ広場と座主川左岸・岡大西門西側のベンチ広場いずれにおいても喫煙行為は見当たらず、まことに清々しい朝となった。


【2017年7月23日(日)】
 昼頃に文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったものの、建物北側一帯に吸い殻が21本ポイ捨てされていた。昨日夕刻より1本の増加。昨日朝からは2本の増加となっており、単純なカウントミスにしては、1本ずつ増えているところが不気味である。


【2017年7月23日(日)】
 この日は、一般教育棟でTOEICの試験が行われていた。年配の受験生もおられたが、一般教育棟構内や座主川沿い・理学部南ベンチ広場、座主川沿い・岡大西門西側ベンチ広場などでの喫煙はなく、まことに清々しい昼となった。


【2017年7月22日(土)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻の数は20本となっていた。昼に比べて1本の増加であるが、カウントミスかもしれない。いずれにせよ、グラウンド利用者によるポイ捨てはほぼ皆無といってよさそうだ。


【2017年7月22日(土)】
 この日は文法経グラウンドでソフトボールの試合が行われていた。昼頃に文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北側に19本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻より11本の増加。昨日夜に集団喫煙があったのか、土曜日の午前中にグラウンド利用者が違反喫煙をしたのかは未確認。


【2017年7月22日(土)】
 この日は一般教育棟構内で電気工事士の試験、ほかに、外国人留学生向けの何らかのイベントが行われているようであった。午前中と昼に座主川沿い・理学部ベンチ広場付近を通過したが、喫煙行為は見当たらず、まことに清々しい昼となった。


【2017年7月21日(金)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、比較的新しい吸い殻が8本ポイ捨てされていた。朝より3本の増加。相変わらず、日中にこの場所で悪質喫煙(違反喫煙&ポイ捨て)が行われているようである。


【2017年7月21日(金)】
 職員定期健診終了後、ふたたび岡大西門を通過したところ、遠方の座主川沿い・理学部南の川縁でしゃがみ込んでいる人がいた。喫煙をしているのか、魚の観察をしているのかは不明。授業準備があったので近寄って確認することはできなかった。


【2017年7月21日(金)】
 午前中、職員定期健診を受けるために座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したところ、男子学生1名がベンチに座って喫煙をしていたので、さっそく近寄り、この場所は敷地内であり禁煙であると告げた。さらに、全面禁煙の看板や掲示がある場所で、そのことを知っていてなぜ喫煙するのかと尋ねたが特に返事はなかったので、ニコチン依存を治す必要を訴えた。また、灰皿の有無を尋ねたところ、カバンから携帯灰皿を取り出して見せてくれたので、(この場所は禁煙なので灰皿を使ってもダメだが)、喫煙が認められている場所で喫煙する場合も、吸い殻のみを収納するのではなく、火災予防のために喫煙中から灰皿を使うようにとお願いした。
 なお、このほか、教職員と思われる男性2名が、敷地外の東西通り歩道上で喫煙しておられた。いずれも、石垣にこすりつけて火を消していたが、ポイ捨ては無かった模様。


【2017年7月21日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、北西角の縁石・砂利敷付近に合計5本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年7月21日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内では喫煙行為は見られなかったが、岡大東門バス停北や理学部南のベンチ広場には、さらに新しいポイ捨てが増えていた。岡大西門西側の座主川左岸遊歩道周辺に人影が見えたが、遠方のため何をしておられるのかは確認できなかった。


【2017年7月20日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近を中心に合計11本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻にはゼロであったことから、夜間授業の受講生がこの場所で集団喫煙したものと推定される。


【2017年7月20日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内では喫煙行為は見られなかった。岡大東門バス停北のベンチ広場には、さらに新しいポイ捨てが増えていた。
 このほか、理学部南ベンチ広場から東西通り歩道に出たところで(敷地外)、たまに見かける男性1名が喫煙をしていた。喫煙後、石垣にこすりつけて火を消しておられたので、念のためその場所に行ってみたが吸い殻のポイ捨ては無かった。但し、足元の排水溝のフタの隙間を除くと、他の喫煙者によるとみられる吸い殻が5本前後ポイ捨てされていた。排水溝には枯れ葉が溜まっており、梅雨明け後に乾燥により排水溝の中から出火の恐れがあり注意が必要。


【2017年7月19日(水)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻もすべて除去されており、梅雨明けの炎天下ではあるが、まことに清々しい夕方となった。


【2017年7月19日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物東側に2本の吸い殻がポイ捨てされていた。それ以外の吸い殻は清掃作業により除去されたものと推定される。


【2017年7月19日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内では喫煙行為は見られなかったものの、岡大東門バス停北のベンチ広場には、新しい吸い殻、タバコ空き箱、空き缶が散乱していた。このようなところで、平気で空き箱等を投げ散らかす者は、いくら地球環境保護とか他者への配慮などとうわべだけ綺麗事を口にしたところで言行不一致は明白。まずは、ニコチン依存を治すことが先決。


【2017年7月14日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、昨日午後に女子学生2名が喫煙していた西講義棟北出入口付近の吸い殻はすべて除去されていた。しかし、北出入口付近の別の場所や建物北西角には新しい吸い殻が12本ポイ捨てされており、夕刻以降に、この場所で集団喫煙があったことが確認できた。
 夜間は原則として巡視が行われないため、この場所での喫煙が野放し状態となっているが、もともと受動喫煙防止や防火対策は(悪質喫煙者以外の)誰もが望んでいることでもあり、ニコチン依存者も日々の依存による不便さは感じているはずである。もう少し、夜間の学生の中から自主的な禁煙運動が活発化してくるとよいのだが。


【2017年7月14日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内では喫煙行為は見られず、また、相変わらず空き缶や吸い殻が散らばっているところもあったが(岡大東門バス停北など)、一部のベンチ広場では吸い殻が除去されていた。
 岡大西門西側のメタセコイアの影にある座主川左岸ベンチには、本日朝も人影が見られなかった。引き続きウォッチングを続ける予定。


【2017年7月13日(木)】
 夕刻、休み時間以外の時間帯に講義棟裏を巡回したところ、西講義棟・北出入口で、女子学生2名が喫煙をしていた。さっそく駆け寄ったところ、火の付いたタバコをそのまま投げ捨て、荷物をまとめて西講義棟内に立ち去ろうとしたので、ドアを押さえて逃亡を制止した。まず、煙の出ている吸い殻を拾うよう指示したが、手に取った時点でもタバコからはまだ煙が出ていた。違反喫煙に加えて、火の付いた吸い殻をそのまま投げ捨てるという最低・最悪の喫煙行為&ポイ捨てであると言えよう。。
 続いて、禁煙であることが分かっているはずなのに、なぜこのような場所で喫煙をしているのか問い糾した。友だちが吸っていたからという返事だったので、友だちが万引きをしていたら自分も万引きをしてよいということになるのか?と問い詰めた。若い女性の喫煙は、流産・早産、子宮外妊娠、赤ちゃんの低体重、乳幼児突然死症候群などの悪影響をもたらすと言われており、まことに嘆かわしいことである。


【2017年7月13日(木)】
 午前中、休み時間以外の時間帯に講義棟裏を巡回してみたが、この時点では喫煙行為は見られず、新しいポイ捨て吸い殻も確認されず、まことに清々しい午前となった。


【2017年7月13日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北西角と西講義棟北出入口付近に合計4本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日午後は水曜日のため授業が少なく、この場所での隠れ喫煙は少なかったようである。


【2017年7月13日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内では喫煙行為は見られなかったものの、岡大東門バス停北のベンチ広場、「レトロな門」周辺、理学部南ベンチ広場には新しい吸い殻が数本ずつ増えていた。違反喫煙した上に平気で吸い殻を投げ捨てるという、自己中心的で責任能力を喪失したニコチン依存者たちの本質が露呈している。
 なお、昨日言及した、岡大西門西側のメタセコイアの影にある座主川左岸ベンチには、この日には誰も座っていなかった。念のためその場所に行ってみたが、吸い殻は落ちていなかった。明日以降もウォッチングを続ける予定。


【2017年7月12日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北西角と西講義棟北出入口付近に合計3本の吸い殻がポイ捨てされていた。前日のポイ捨てと同じモノかどうかは不明。


【2017年7月12日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内では喫煙行為は見られなかったものの、各ベンチ広場には新しい吸い殻が数本ずつ増えていた。また、「レトロな門」出口の東西通り歩道角のところでは、以前、理学部南ベンチ広場付近で喫煙していてご注意申し上げた派遣業者さんと思われる中高年の女性が喫煙しておられ、挨拶を交わした。
 そのほか、このところ数回、岡大西門西側の座主川左岸ベンチ広場で、メタセコイアの影になりやすいベンチに腰掛けている男性をお見かけしており、遠くからは右手を何度も口に当てているような仕草が見られたので近づいてみたが、喫煙の事実は確認できなかった。明日以降もウォッチングを続ける予定。


【2017年7月11日(火)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、北西角の砂利敷、西講義棟出入口付近に合計6本の吸い殻がポイ捨てされていた。朝と比べて2本の増加。相変わらず、授業を抜け出して喫煙し、その吸い殻の後始末さえできないという重度のニコチン依存者が出没しているようである。
 その後、理学部南ベンチ広場を通過したところ、喫煙行為は見られなかったが、それぞれのベンチの下に新しい吸い殻が数本程度ポイ捨てされていた。


【2017年7月11日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、昨日夕刻に確認された吸い殻はすでに除去されており、東講義棟北側の砂利敷に古い吸い殻4本が残っているだけであった。


【2017年7月11日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られず、また、各ベンチ広場のポイ捨て吸い殻も数本程度にとどまっていた。このところ雨が多く、雨天の中をここまでやってきて喫煙する者は少なかったためであろう。しかしその場合、雨天時はどこで喫煙しているのか?、喫煙を我慢できるなら晴天時も敷地内喫煙を我慢できるはずだと思うのだが。
 余談だが、理学部南ベンチ広場付近で、名誉教授のS先生がセミ穴の観察をしておられた。セミは何年ものあいだ地中で暮らしているが、地上に這い出る時には7cmくらいの縦穴を掘る。掘った土は塗り固められるため、アリの巣のように地上に排出されることはないという。また、地中の水分や根のヌルヌル感などから、ある程度地上の天気を予測することができるらしい。(セミは雨が降っていると羽化できない。) ちなみに、クマゼミは、先週後半あたりから鳴き声が聞こえるようになった。7月11日朝は、大合唱となっている。


【2017年7月10日(月)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、東講義棟北側砂利敷、西講義棟北出入口周辺、建物北西角、西側自販機前に合計25本の吸い殻がポイ捨てされていた。朝より6本の増加。重度のニコチン依存者が、授業中に教室を抜け出して喫煙し、ニコチン依存による責任能力崩壊のため吸い殻をポイ捨てたものと推測される。


【2017年7月10日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、東講義棟北側砂利敷、西講義棟北出入口周辺、建物北西角、西側自販機前に合計19本の吸い殻がポイ捨てされていた。土日は都合により巡回していなかったので、いつの時点でポイ捨てされたのかは推定できない。いつもと異なり、東講義棟北側に比較的古い吸い殻が残っていたことから、土曜日に何らかの催し、もしくは講座があり、その中の悪質喫煙者が違反喫煙し、ニコチン依存による責任能力崩壊のため吸い殻をポイ捨てた可能性がある。


【2017年7月7日(金)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、喫煙行為は見当たらず、またポイ捨て吸い殻はすべて除去されており、まことに清々しい夕方となった。


【2017年7月7日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口周辺、建物北西角、西側自販機前に合計24本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻より14本の増加。相変わらず、全面喫煙を無視して違反喫煙を続け、吸い殻の後始末さえできないというニコチン依存者がいるようで、まことに嘆かわしいことである。このところ、加熱式タバコを認めるべきかどうかという議論が行われているようだが、紙巻きであれ電子式タバコであれ、ニコチン依存に陥らせて金儲けをしようというタバコビジネスのの本質、そして吸い殻ポイ捨てといった自己責任能力崩壊をもたらしているという弊害は本質的に変わらない。


【2017年7月6日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、10本の吸い殻がポイ捨てされていた。雨で濡れており、新しい吸い殻と古い吸い殻の判別は難しいが、昨日より少なくとも1本は増加していた。


【2017年7月5日(水)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、吸い殻9本がポイ捨てされていた。朝より3本の増加。


【2017年7月5日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北西角に合計6本の吸い殻がポイ捨てされていた。雨が降っており、新しい吸い殻かどうかは判別が難しい。


【2017年7月4日(火)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、朝に残っていた吸い殻は除去されたものの、建物北西角に新しい吸い殻1本がポイ捨てされていた。


【2017年7月4日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、昨日夕刻のポイ捨て吸い殻はすでに除去されていたが、建物北東角や西側自販機前など、別の場所に合計11本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻以降のものと推測される。


【2017年7月4日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見かけなかったものの、各所でポイ捨て吸い殻や弁当の容器、空ペットボトルなどが散乱していた。大部分は、昨日見かけたゴミと同一であった。


【2017年7月3日(月)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、21本の吸い殻がポイ捨てされていた。少なくとも2本は日中にポイ捨てされたものと推測される。


【2017年7月3日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口と建物北西角のあたりに合計19本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日より6本の増加であるが、いずれも古いものであり、一部は、清掃作業の途中で別の場所の吸い殻が寄せ集められた可能性がある。


【2017年7月3日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見かけなかったものの、各所でポイ捨て吸い殻や弁当の容器、空ペットボトルなどが散乱していた。昨日行われたいくつかの検定試験の受験生が、昼食をとったあとゴミをそのまま投げ散らかしたものと推測される。


【2017年7月2日(日)】
 夕刻、岡大西門を通過したところ、西門に一番近いベンチ広場で、平成29年度 1級土木施工管理技術検定試験・学科試験の受験生と見られる男性が喫煙をしていたので、さっそく近寄り、この場所は敷地内であり禁煙であると申し上げた。男性は、すいませんといって喫煙を中止された。なお、遠くからは煙が出ているように見えたが、実際には、パイプ型の加熱式タバコで喫煙しておられることが分かった。念のため、岡大では、電子タバコ・加熱式タバコを含めて敷地内全面禁煙であることをお伝えした。


【2017年7月2日(日)】
 夕刻、3階から文法経講義棟西側の駐車場を見下ろしたところ、北側の縁石にこしかけて喫煙している人があり現場に行ってみたが、階段を下りる間に姿を消しており、ご注意申し上げることができなかった。


【2017年7月2日(日)】
 昼頃、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と北西角に合計13本の吸い殻がポイ捨てされていた。このところ雨が多く、どの時点でポイ捨てされたのかは推測が困難。


【2017年7月2日(日)】
 昼頃、津島東キャンパス(一般教育棟構内)を通過したところ、たくさんの若者が講義棟から出てくるところであった。ネットで検索したところ、どうやら日本語能力試験が行われた模様であるが、敷地内での喫煙行為は見当たらなかった。
 その後、座主川沿い、理学部南ベンチ広場を通過したところ、別の試験を受けに来られたとみられる社会人男性が5人、休憩しておられた。うち、黒いスポーツウェアのような服を着た男性3人がベンチに座ってタバコを取り出していたので、さっそく近寄り、この場所は岡大の敷地内であり禁煙であるとお伝えした。東西通りは喫煙できるのかと尋ねられたので、東西通りの歩道上は敷地外だが、通行人が多く受動喫煙の被害の苦情も寄せられているので、それを踏まえた上で御判断いただきたいと述べた。
※その後、ネットで検索したところ、平成29年度 1級土木施工管理技術検定試験・学科試験の受験生の方々であった可能性の高いことが分かった。


【2017年7月1日(土)】
 この日はグラウンドの利用者は少なく閑散としていた。講義棟南西角のあたりの日陰で3名の男性が休息している程度であった。


【2017年6月30日(金)】

 夕刻、講義棟裏を通過したところ、比較的新しい吸い殻が13本ポイ捨てされていた。


【2017年6月30日(金)】
 午前中、岡大西門を通過したところ、理学部南ベンチ広場付近で、青い服を着た男子学生1名がスマホを操作しながら、灰をまき散らし、喫煙しているのが見えた。授業の関係で残念ながら禁煙のオススメをすることができなかった。それにしても、全面禁煙の看板があり、人の往来の激しい人目につく場所で、よくぞ堂々と違反喫煙ができるものだと思う。この場所での迷惑喫煙については、安全衛生部任せにするのではなく、通行人からも、受動喫煙の被害を訴える必要がある。


【2017年6月29日(木)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、建物北西側周辺に5本の吸い殻がポイ捨てされていた。この日の日中にポイ捨てされたものと推測される。


【2017年6月28日(水)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、建物北西側周辺に6本の吸い殻がポイ捨てされていた。うち5本は新しい吸い殻であり、日中にポイ捨てされたものと推測される。


【2017年6月28日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、ちょうど事務方の清掃作業が行われている最中であり、ポイ捨て吸い殻は1本のみ残っていた。本日は26番教室で授業を行うので、外側階段や北西角にも目を向けていきたい。


【2017年6月27日(火)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、建物北西側周辺に3本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。いずれも日中、授業を抜け出して喫煙したものと推測される。


【2017年6月27日(火)】
 午前中、講義棟裏で1名が喫煙をしていたという情報を事務方よりいただいた。授業中に抜け出して喫煙をしていたらしいが、授業時間中にもニコチン禁断症状が出てくるようではまともな学生生活は送れない。まずは、ニコチン依存という病気を治すことが先決。


【2017年6月27日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口と建物北西角のあたりに合計15本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻より6本の増加。なお、緑色の空き箱は無くなっていた。


【2017年6月27日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見かけなかったものの、各所で吸い殻が散乱していた。但しいずれも、雨に濡れており、少し古いものと推測される。


【2017年6月26日(月)】
 夕刻、工学部1号館正面の固定テーブル・椅子の前を通過したところ、周辺に吸い殻が10本前後ポイ捨てされていた。このような目に付きやすい場所で喫煙が行われているのはまことに遺憾。見かけた人が気軽に喫煙をやめさせるような声かけのできる環境作りをする必要がある。


【2017年6月26日(月)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、新しい吸い殻が9本、緑色の空き箱1個が投げ捨てられていた。いずれも、日中の休み時間、もしくは授業中に抜け出して隠れ喫煙したものと推測される。


【2017年6月26日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られず、また、ポイ捨て吸い殻や空き箱の数は、土曜日朝と変わらなかったことが確認された。


【2017年6月25日(日)】
 午前中、車で東西通り沿いの留学生会館前を通過したところ、ムスリム系の留学生や友人たちが多数集まっているのが見えた。ざっと見渡したところ、留学生会館敷地内での喫煙は見られなかった。
 ちなみにこの日は、ラマダーンの最終日にあたっていたようだ。ウィキペディアによると、イスラム教は、断食期間中の喫煙は禁止されているとのこと。これまで、敷地内で喫煙をしているムスリム系の留学生にご注意申し上げたことは何度かあったが、断食期間の喫煙禁止は、結果的に、ニコチン依存の深刻化を防いでいるように思われる。


【2017年6月25日(日)】
 午前中、車で東西通りを通過したところ、津島東キャンパス(一般教育棟構内)が大勢の人たちで賑わっていた。何らかの試験が行われた模様。理学部南ベンチ広場には人影はなかったが、ベンチ広場より東側(民家寄り)の木の下(敷地内)で不審な行動をとっている男性1名を目撃した。


【2017年6月24日(土)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、喫煙行為は見られず、ポイ捨て吸い殻の数も11本のままであった。この日の夕刻は、グラウンド利用者がいなかった。


【2017年6月24日(土)】
 昼頃、文法経講義棟裏を通過したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側縁石付近に合計11本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻以降に新たに10本がポイ捨てされたことが確認された。


【2017年6月24日(土)】
 昼頃、自転車で、座主川遊歩道西端→岡大西門を通過したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も見られず、まことに清々しい昼となった。


【2017年6月23日(金)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、西講義棟北出入口にタバコの赤い空き箱と吸い殻1本がポイ捨てされていた。白昼に違反喫煙したあげくに、吸い殻と空き箱を平気で投げ捨てるとは、いったいどういうふうに育てられてきたのだろうか。


【2017年6月23日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北側、北西側、西講義棟北出入口付近に合計21本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻は6本であったので、夜間に15本がポイ捨てされたことになる。なお昨日確認した排水溝フタの中にも新しい吸い殻が1本(上記に含む)落ちていた。排水溝が詰まるとどうなるのか、誰が掃除するのか、といことを配慮できない、悪質ニコチン依存者の本質が露呈した。


【2017年6月23日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、教育学部東門から岡大東門へ向かう座主川左岸遊歩道沿いを、スーツを着た若い男性1名が、歩行喫煙をしながら歩いていた【写真右端】。さっそく後ろから駆け寄り、 と告げた。男性は足元で火を消して、反対方向に歩いていった。素直に火を消し吸い殻を持ち帰っていただいた点はありがたいのだが、歩行喫煙が以下に犯罪的であるかということについてはまだご理解いただけていない可能性があるので、ここに詳しく記しておく。
 また、岡大東門バス停北と理学部南ベンチ広場にはそれぞれ5本前後の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。昨日22日は「スワンスワン企画」により座主川沿いでの巡視が行われたはずであり、それ以降に新たにポイ捨てされたものと推測される。特にヒドイのは、ベンチの上に吸い殻をこすりつけて放置している例(写真中)。ベンチに座って違反喫煙をした上で、自分が座っていない場所に平気で吸い殻をこすりつけるというのは、まさに、他の人がベンチを利用することまで考えが及ばない悪質ニコチン依存者の本質を示していると言えよう。


【2017年6月22日(木)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、喫煙行為は見られなかったが、建物北西側一帯に合計6本の吸い殻がポイ捨てされていた。朝に清掃活動が行われているので、昼間にポイ捨てされたものと確認できる。なお、うち1本は、排水溝フタの穴に引っかかっていた。


【2017年6月22日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、建物北西側に合計6本の吸い殻がポイ捨てされていた。前日夕刻はゼロであったので、前日夜間にポイ捨てされた可能性が高い。


【2017年6月21日(水)】
 最近、図書館裏(北東側)で、不審な動きが見られることあったので、朝方、その場所に行ってみたが、喫煙行為は見られなかった。但し、敷地内全面禁煙の看板の下に、比較的古い吸い殻1本がポイ捨てされていた。


【2017年6月21日(水)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、喫煙行為も吸い殻も全く見られず、まことに清々しい夕方となった。


【2017年6月21日(水)】
 午前中、26番教室で授業を行ったので、外側階段、建物北側で違反喫煙がないかどうかチェックしたが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい午前中となった。


【2017年6月21日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為は見られず、吸い殻も確認されず、まことに清々しい朝となった。


【2017年6月20日(火)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、建物北側に新しい吸い殻1本がポイ捨てされていた。


【2017年6月20日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北側、北西側、西講義棟北出入口付近に合計31本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻より12本の増加。すべて、月曜日夜間にポイ捨てされたものと推測される。


【2017年6月20日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道各所でポイ捨て吸い殻があった。本日は久しぶりに座主川右岸(北側)を通ってみたが、教育学部から座主川に通じる通路と遊歩道との丁字路付近には、全面禁煙の掲示があるにもかかわらず4本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。理学部南のベンチ広場はさらにポイ捨てが増えていた。


【2017年6月19日(月)】
 夕刻、教育学部東門東側の彫像のある小径を通過したところ、路上に少なくとも3本の吸い殻がポイ捨てされていた。この場所が岡大敷地内であることは誰の目にも明らかである。にも関わらずこのような場所で違反喫煙し、傍若無人に吸い殻を投げ捨てるとはもってのほか。この場所は乾燥した落ち葉が多く、万が一火災が発生した場合、周辺の民家などにも被害が及ぶ恐れがある。


【2017年6月19日(月)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、建物北側を中心に合計19本の吸い殻がポイ捨てされていた。朝に14本を確認していることから、日中に少なくとも5本が新たにポイ捨てされたものと推定される。


【2017年6月19日(月)】
 昼頃に文学部中庭を通過したところ、中庭のテーブル&椅子の足下に新しい吸い殻が2本ポイ捨てされていた。前回の試験時にも中庭で喫煙行為があったことから、日曜日に、法科大学院適性検査の受験生が喫煙していた可能性が疑われる。


【2017年6月19日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、建物北西側に合計14本の吸い殻がポイ捨てされていた。土曜日夕刻とほぼ同数であり、日曜日に行われた法科大学院適性検査の受験生による隠れ喫煙は無かった模様(前回の試験時には文学部中庭で喫煙している者がいたが、今回は未確認、)


【2017年6月19日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道沿い(特に、岡大東門以東)、岡大東門バス停北ベンチ広場、理学部南ベンチ広場付近に新しい吸い殻がポイ捨てされていた。特に顕著であるのは理学部南便利広場周辺であり、空梅雨で空気が乾燥していることから火災発生の可能性が高まっている。
 また、理学部南ベンチ広場より東側の遊歩道出口(敷地内)の縁石に座り込んで、派遣業者さんと思われる中高年の女性1名が喫煙をしていた。さっそく、「この場所は敷地内であり禁煙です。東西通りの歩道上は敷地外ですが通行人も多いので配慮してください。いちばんいいのは、ご自身の健康のために喫煙を減らしていただくことです。」と申し上げた。女性は、すみませんと言って、東西通り側に移動された。


【2017年6月18日(日)】
 この日は、文法経講義棟で法科大学院の適性試験が行われていたが、私が来た時にはまだ試験前で閑散としていた。


【2017年6月17日(土)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、建物北西付近に15本の吸い殻がポイ捨てされていた。昼に比べると11本も増えていたことになる。この日は講義棟利用者はいなかったので、グラウンド利用者の一部によるものと推定されるが、どのグループによるものかはさらに調査が必要である。以前グラウンド利用者から「スポーツマンはタバコを吸わない」と言われたこともあったが例外もあるようだ。いちばんの問題は、メンバーの誰かがこの場所で喫煙している時に、仲間が何も注意せず、1名の喫煙によって仲間全員が受動喫煙の被害を受けていることに気づかないことである。


【2017年6月17日(土)】
 昼頃、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟・北出入口付近に合計4本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。グラウンドではオレンジ色のユニフォームを着けた人たちがソフトボールの練習をしていたが、その関係者なのか、それとも金曜夜から土曜日午前のあいだに別の連中が喫煙していたのかは確認できていない。但し昼の時点では、ソフトボール関係者の中で、喫煙をしている者は一人もいなかった。
 このほか、心理学別棟実験室入り口付近にも新しい吸い殻2本がポイ捨てされていた。何らかの事情により、ここまでやってきて隠れ喫煙し、かつ、吸い殻の後始末をするという責任能力が喪失しているためにそのまま立ち去ったものと推測される。


【2017年6月17日(土)】
 昼頃、座主川沿い・理学部南ベンチ広場付近を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、ベンチの周りに20本以上の吸い殻がポイ捨てされていた。目の前にある「全面禁煙」の看板を完全に無視し、しかも自分の吸い殻さえ拾えないという、悪質喫煙者の人間崩壊ぶりが露呈した。


【2017年6月16日(金)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られず、まことに清々しい夕方となった。なお、図書館東側のエアコン室外機近くで男子学生数人が談笑しており、集団喫煙の可能性が疑われたが、急いでいたため近寄ることができなかった。次回に様子を見に行こうと思っている。


【2017年6月16日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、建物北西側に合計8本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻に確認した1本とは別の場所にポイ捨てされており、夜間に少なくとも8本の悪質喫煙(違反喫煙&ポイ捨て)があったことが確認された。


【2017年6月16日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったものの、遊歩道沿い(特に、岡大東門以東)、岡大東門バス停北ベンチ広場、理学部南ベンチ広場付近に新しい吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年6月15日(木)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、西講義棟北出入口階段上に新しい吸い殻1本がポイ捨てされていた。日中にこの場所で喫煙があったことが確認された。


【2017年6月15日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北西の縁石付近と砂利敷に合計7本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕方はゼロであったので、夜間にポイ捨てされたものと推測される。


【2017年6月15日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道東端で、顔なじみの派遣業者さんの男性がしゃがんで喫煙していた。この男性は直接禁煙のオススメをしても全く聞き入れてくれないので、別ルートで、敷地内禁煙を徹底していただくよう直接業者さんに要請するほかはない。
 岡大東門〜西門の遊歩道沿いとベンチ広場2カ所の吸い殻は、昨日のうちに清掃活動が行われた模様であったが、理学部南ベンチ広場付近には、清掃活動のあとに新たにポイ捨てされたと思われる吸い殻数本と空き箱1個があった【写真参照】。
 違反喫煙をしたうえに、平気で吸い殻や空き箱を投げ捨てるような者に対しては、禁煙のオススメをする以前に、幼稚園に入り直して「ゴミを投げ捨ててはいけません」という教育をみっちり受けてもらう以外には救いようがないとしか言えない。



【2017年6月14日(水)】
 夕刻、講義棟北側を通過したが、喫煙行為もポイ捨ても全く見られず、まことに清々しい夕方となった。


【2017年6月14日(水)】
 午前中は26番教室で講義をしていたので、開始時、休み時間、終了時に26番教室外側階段と建物北側を見渡してみたが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい午前中となった。


【2017年6月14日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北西の縁石付近に合計3本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。写真照合によると、昨日夕刻に確認した吸い殻とは異なる可能性が高い。


【2017年6月14日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったが、相変わらず、各所でポイ捨て吸い殻が散乱していた。特に目立ったのは、理学部南ベンチ広場で、目の前に全面禁煙の看板があるにもかかわらず、3つのベンチの周辺に50本以上がポイ捨てされていた。このほか、岡大東門出口付近、「レトロな門」出口付近にも10本〜20本のポイ捨てがあった。いっぽう、岡大東門バス停北のベンチ広場は、何らかの清掃作業が行われたようで、ポイ捨ては数本前後に減少していた。


【2017年6月13日(火)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、北西角の縁石付近に4本の吸い殻がポイ捨てされていた。朝の時点で確認した4本と同一の可能性あり。


【2017年6月13日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、ちょうど事務職員による清掃活動が行われており、すでに除去した吸い殻が8本あったとのこと。北西角に、これと別に4本のポイ捨てがあったので、合計12本となる。昨日夕刻は1本のみであったことから、夜間に11本が新たにポイ捨てされたことが確認できた。


【2017年6月13日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったが、岡大東門バス停北と理学部南のベンチ広場に、昨日を上回る新しい吸い殻がのポイ捨てされていた。特に、岡大東門バス停北のベンチ広場のポイ捨ては30本を超えていた。このほか遊歩道沿い各所に吸い殻が散乱していた。梅雨の中休みで空気が乾燥しており、ポイ捨てや、喫煙中の灰の落下で火災が発生する危険がますます高まっている。


【2017年6月12日(月)】
 この日は2学期の始業日にあたっていたが、講義棟に出入りする受講生の数はそれほど多くないように見えた。
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、建物北側の縁石の上に新しい吸い殻1本がポイ捨てされており、日中、この場所で隠れ喫煙があったことが証拠づけられた。


【2017年6月12日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、ちょうど事務方による清掃作業が行われているところであった。吸い殻本数は前日夕刻時点と変わっていなかった模様。


【2017年6月12日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見られなかったが、岡大東門バス停北と理学部南のベンチ広場に新しい吸い殻が大量のポイ捨てされていた。このほか、遊歩道沿い各所に吸い殻が散乱していた。梅雨の中休みで空気が乾燥しており、ポイ捨てや、喫煙中の灰の落下で火災が発生する危険が高まっている。


【2017年6月11日(日)】
 この日の文法経グラウンドは昼頃はサッカー、夕刻はソフトボールの練習が行われていた。講義棟は特に使用されていなかったようだ。夕刻、講義棟裏を通過したが、昼頃と同じ5本の吸い殻がポイ捨てされているのみであった。


【2017年6月11日(日)】
 昼頃、文法経講義棟周辺を巡回したところ、北西角の縁石付近に2本、自販機前に3本の吸い殻がポイ捨てされていた。金曜日夕刻から日曜日午前のあいだにポイ捨てされたものと推定される。


【2017年6月11日(日)】
 昼頃、座主川沿い・理学部ベンチ広場から岡大西門を通過したが、喫煙行為は全く見られず、まことに清々しい昼となった。但し、ベンチ周辺には20本以上の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年6月9日(金)】
 13時9分頃、文学部3階から中庭を見下ろしていたところ、男子学生1名が講義棟南をウロウロしながら喫煙しているのが見えた。さっそく駆け下りて注意しようと思ったが、行方が分からなくなった。この日は休業日であるが、何のためにわざわざここまでやってきて喫煙していたのだろうか。


【2017年6月9日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為も吸い殻も全く見られなかった。事務方による清掃活動が行われた後の可能性もある。なお、この日は、1学期と2学期の間の休業日にあたっており、講義棟利用者はきわめて少ないと予想される。


【2017年6月9日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、教育学部東門の北西角から右岸遊歩道に入ったところで、男性1名が喫煙をしていたので【写真A】さっそく近づき、この場所は敷地内なので喫煙を止めてほしいと告げた。男性は学外の方であり、どこで吸えるのですかと聞かれたので、「座主川の橋の上や東西通り歩道上は敷地外であるので違反喫煙とはならないが、通行人に受動喫煙の被害を及ぼすという声もあるので、このさい、岡大に来られた時は、ご自身の健康のためにも喫煙を控えていただくのが一番です。」と答えた。なお、男性、喫煙場所に残っていた灰を始末し、吸い殻を持ったまま移動された。
 このほか、岡大東門バス停北と理学部南のベンチ広場付近では、あいかわらず、敷地内全面禁煙の掲示を無視して勝手に私設喫煙所化している悪質喫煙者が複数おられるようで、大量の吸い殻がポイ捨てされていた。【写真B、C】


【2017年6月9日(金)】
 朝、岡北中学の前を通過したところ、中学敷地内に地元町内会行事用と思われるバスが駐まっており、町内会関係者の人たちが何人か集まっておられた。歩道に出たあたりでは中高年の男性2人が喫煙をしていたが、ちょうど、御野小学校に通う子どもたちがその前を通過しており、受動喫煙の被害を受けていた。中学校敷地内が禁煙であるため、歩道まで出てきて喫煙されていたものと思われるが、子どもたちへの被害についてもっと気配りをしてもらいたいものだ。
 このほか、昨日、岡山県青年館利用者と思われる男性が、建物の外で喫煙しながら地元の生徒たちに話しかけていたが、これについても、中高生への受動喫煙被害の重大さをもっと自覚してもらいたいところである。


【2017年6月8日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、事務方ですでに清掃作業を行っており、ポイ捨てはゼロであった。事務方からの情報によると、まことに残念ながら10本の吸い殻がポイ捨てされていたという。
 なお、本日は、1学期終了時の補講日となっているため、受講生の数は極めて少ないと予想される。


【2017年6月7日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、事務方ですでに清掃作業を行っており、ポイ捨てはゼロであった。別途、この日の朝のポイ捨て本数は5本であったとの連絡をいただいたので、昨日夕刻に比べてさらに2本のポイ捨てが、夜間に行われたことが確認できた。


【2017年6月6日(火)】
 この日は、午前中、繰り返しの注意にもかかわらず、講義棟北側で同一学生がまたまた喫煙をしていたという情報が入ったので、日中、数回にわたり講義棟周辺を巡回したが、私が見た限りでは喫煙行為やポイ捨て吸い殻は見当たらなかった。
 しかしながら、夕刻に講義棟裏を通過したところ、北西角の縁石付近に新しい吸い殻が3本ポイ捨てされていた。事務方と合わせてこれだけ見回り回数を増やしているにもかかわらず、一番、目につきやすい場所で喫煙ししかもその証拠を残すというのは、おちょくっているのか、見つからないようにスリルを味わっているのか、もしくは、重度のニコチン依存のためのいずれかと思われるが、いずれにせよ困ったことだ。禁煙支援体制をさらに強化していく必要がある。



【2017年6月6日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、建物北側〜北西角の砂利敷き一帯、26番教室外側階段の上などに合計18本の吸い殻がポイ捨てされていた。前日夕方が6本であったことから、その日の夜に少なくとも12本の吸い殻が新たにポイ捨てされたことが確認できた。


【2017年6月6日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道沿い各所にポイ捨て吸い殻が散乱していたほか、岡大東門バス停北のベンチ広場に新しい吸い殻が5〜10本前後、また理学部南ベンチ広場付近に15本前後の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。火災の危険にも気づかず、目の前の全面禁煙の看板を完全に無視して居直り喫煙し、灰や吸い殻を平気でばらまくという利己的で反社会的な行為が相変わらず横行していることが証拠づけられた。


【2017年6月5日(月)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、比較的新しい吸い殻が6本、ポイ捨てされていた。朝方に清掃作業が行われたことからみて、すべて、日中に喫煙があったことが確認できた。


【2017年6月5日(月)】
 この日は11時15分から全学の安全衛生委員会が開催された。会場と往復する際に、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したが、喫煙行為は見当たらず、まことに清々しい昼となった。


【2017年6月5日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北東角や北西角に新しいポイ捨て吸い殻があり、合計本数は27本となった。昨日16時頃の時点では19本であったことからみて、16時以降に、何らかの集団がわざわざここにやってきて喫煙し、吸い殻を投げ捨てたものと推測される。可能性としては、夕刻のグラウンド利用者、遅くまで残っていた2017年法科大学院全国統一適性試験の受験者などが考えられるが、謎である。


【2017年6月5日(月)】

 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道沿い各所にポイ捨て吸い殻が散乱していたが、岡大東門バス停北と、理学部南ベンチ広場では、殆どの吸い殻が除去されていた。金曜日から日曜日の間に何らかの清掃作業が行われたものと思われる。


【2017年6月4日(日)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、建物北西側の縁石、砂利敷を中心に合計19本の吸い殻がポイ捨てされているのを確認した。この日の昼には8本前後であったことから、午後の時間帯に10本前後が新たにポイ捨てされたことになる。この場所は壁に全面禁煙等のポスターが貼られている。仮に、2017年法科大学院全国統一適性試験の受験生たちによるポイ捨てであったとすると、このような場所で違反喫煙し、吸い殻をそのまま平気でポイ捨てするというのは、まことに嘆かわしいことだ。このような悪質喫煙者たちが法曹界に入ったとしたら、法の網をくぐって大もうけするような悪徳企業の弁護士になったり、あるいは、人に見つからなければ自己の利益のために平気で悪事を働いたりするのではないかと懸念される。まずは、ニコチン依存の病気を治してから出直してきてもらいたい。


【2017年6月4日(日)】
 15時46分頃、文学部3階から中庭を見下ろしたところ、中庭花壇の階段に腰掛けて喫煙をしている男性がいた。さっそく3階から駆け下りて、この場所は禁煙であると告げた。なお男性は携帯灰皿を持参しており、この場所でのポイ捨ては無かったことが確認できた。
 2017年法科大学院全国統一適性試験がこの時刻に終了した模様で、他にも男性1名が旧・ボイラー棟方面に歩いて行くのが見えたが、↑の男性に説諭をしている間に戻ってきており、(喫煙目的であったとして)現場を確認することはできなかった。


【2017年6月4日(日)】
 昼前に文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北西角を中心に8本の吸い殻がポイ捨てされていた。但し、グラウンド利用者たちが縁石の上に荷物を並べており、正確な本数はカウントできなかった。


【2017年6月4日(日)】
 本日は、一般教育棟で第二種電気工事士試験、文法経講義棟では2017年法科大学院全国統一適性試験が行われていた。岡大西門を通過したところ、西門すぐ東側のベンチ広場で、受験生と思われる男性1名が、敷地内禁煙のスタンド看板を目の前にして喫煙をしていたので、さっそく近寄り、敷地内は禁煙であると告げた。電気工事士をめざすにせよ、法曹界をめざすにせよ、目の前の禁煙の掲示さえ守れないようでは将来が思いやられる。まずは、ニコチン依存という薬物依存の病気をしっかりと治し、出直してきてもらいたいものだ。


【2017年6月3日(土)】
 この日は26番教室で何らかの講座、文法経グラウンドではソフトボール等の練習が行われていた。夕刻、講義棟裏を通過したところ、ポイ捨て吸い殻本数が10本となっており、昼より2本増えていることが確認できた。26番教室の受講生によるものか、グラウンド利用者によるものかは不明。なお、座主川沿い・理学部南ベンチ広場では、昼も夕刻も喫煙は行われていなかった。


【2017年6月3日(土)】
 昼頃に文法経講義棟周辺を巡回したところ、8本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻と同じ吸い殻である可能性が高い。


【2017年6月2日(金)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、建物北側縁石と西講義棟北出入口付近に合計9本の吸い殻がポイ捨てされていた。相変わらず、授業中に教室を抜け出して喫煙している者が複数名いるようだ。


【2017年6月2日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と北西角縁石付近に合計4本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夜に雷雨があったため、吸い殻が新しいものか、別の場所から飛ばされてきたものかは不明。このほか26番教室外側階段に、タバコの空き箱が投げ捨てられていた。この場所で違反喫煙し、吸い殻ばかりでなく空き箱までも投げ捨てるという、責任能力を喪失した重度ニコチン依存者の自己中心的かつ反社会的な特徴が露呈した。


【2017年6月1日(木)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、比較的新しい吸い殻3本が新たにポイ捨てされていた。


【2017年6月1日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と北西角縁石付近に合計4本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻に確認した1本とは別物であり、夕刻以降にこの場所で、ニコチン依存者による悪質喫煙が行われたことが確認された。


【2017年6月1日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、「レトロな門」東の取水設備近くで、男性1名が喫煙をしていたので、さっそく、この場所は岡大構内であり禁煙であること、また、遊歩道沿いにポイ捨て吸い殻が多く、空気が乾燥している中、火災発生の危険があり非常に危険であることなどをお伝えした。この男性は以前にもお見かけしたことがあり、教職員と思われる。
 このほか、昨日朝同様、遊歩道各所、ベンチ広場各所で、吸い殻、タバコ空き箱、空き缶、ジュースパック、コンビニ軽食の包装紙などが投げ捨てられていた。


【2017年5月31日(水)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、北西角の縁石の上に新しい吸い殻1本がポイ捨てされていた。日中にこの場所で、いまだに喫煙が行われていることが確認された。


【2017年5月31日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られなかった。早朝、清掃作業が行われたものと推測されるが、いずれにせよ、まことに清々しい朝となった。
追記]事務方より、早朝の清掃活動のさい、西講義棟北入口付近 1本、北西角から西講義棟北側付近 8本、ボイラー棟西側 1本 、合計10本のポイ捨てがあったとの連絡をいただいた。また、5月30日(火)には、西講義棟北出入口で1名の学生が喫煙しており、現場指導と事務長への報告を行ったとのことであった。


【2017年5月31日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、各所に数本程度の吸い殻が散乱しており、特に、岡大東門バス停北と理学部南のベンチ広場付近には大量の吸い殻がポイ捨てされていた。理学部南ベンチ広場のベンチの上にはタバコの空き箱も捨てられており(写真参照)、警告を無視して違反喫煙&迷惑喫煙&危険喫煙を繰り返すニコチン依存者の責任能力喪失ぶりがまたまた露呈した。


【2017年5月27日(土)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、ポイ捨て吸い殻の合計本数は7本で、昼の時点より2本の増加となった。新たなポイ捨ては建物北側の草むらであり、昼の巡回時に見落としていた可能性もある。


【2017年5月27日(土)】
 午後、文法経グラウンドで、講義棟の西側の壁にボールをぶつけて投球練習をしている学生がいたので、建物の壁にはボールをぶつけないようにと指示した。ついでに講義棟裏側に回ってみたが、喫煙行為は全く見られなかった。学生たちも「スポーツマンは喫煙しない」と言っていた。


【2017年5月27日(土)】
 昼頃に文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と北西角縁石、砂利敷付近に合計5本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻に清掃作業が行われているので、それ以降に違反喫煙行為があったことが確認された。


【2017年5月27日(土)】
 昼頃、岡大西門を通過したところ、西門のすぐ東にあるベンチ広場で若い男女が談笑しており、男性が喫煙をしていた。さっそく近づいて、 と述べた。なお男性は東西通りバス停のほうに移動して喫煙を続けていた。


【2017年5月26日(金)】
 夕刻、講義棟裏で男性1名がウロウロしていたのでひょっとして喫煙しているのかと思ったが、その逆で、職員がちょうど巡回しているところであった。この日の昼に新たに1本の吸い殻がポイ捨てされたことが確認された。なお、講義棟周辺には、世界禁煙デーを知らせる吉田沙保里さんのポスターが貼られていた。


【2017年5月26日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と、北西側砂利敷に合計4本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年5月26日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、各所に数本程度の吸い殻が散乱していたほか、「レトロな門」東の遊歩道沿いと理学部南ベンチ広場に10本以上の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年5月25日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺の巡回を始めたところ、清掃活動中の事務職員に遭遇した。朝の時点でのポイ捨ては合計7本であったという。↓に述べた東講義棟2階テラスには新たなポイ捨てはなかったが、代わりに、建物東側にポイ捨てが確認されたとのことである。


【2017年5月25日(木)】
 朝、座主川沿い・理学部南ベンチ広場付近を通過したところ、数本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。昨日は雨模様であったため、違反&迷惑喫煙行為は少なかったものと思われる。


【2017年5月24日(水)】
 事務方より、この日の午後、東講義棟2階のテラスに4本の新しい吸い殻がポイ捨てされているとの情報をいただいた。監視態勢を強める必要がありそう。


【2017年5月24日(水)】
 いつもより早い7時45分頃に文法経講義棟に向かったところ、事務職員がちょうど清掃活動を終了したところであった。この日の吸い殻ポイ捨て本数は、西講義棟北入口 3本、同 北側砂利敷付近 4本、合計7本とのことであった。なお、昨日火曜日の午前に西講義棟北入口で喫煙を開始しようとした学生が確認されたが、この学生は以前にも同じ場所で喫煙し注意を受けたことがあった模様。重度のニコチン依存を克服できていないのはまことに残念。


【2017年5月23日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近、建物北側の縁石付近、26番教室外側階段下に合計11本の吸い殻がポイ捨てされていた。月曜日夕刻以降に、この場所でニコチン依存者たちによる悪質喫煙が常習化していることが確認できた。


【2017年5月23日(火)】

 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、昨日朝に比べるとポイ捨て吸い殻の数が減っており、月曜日に何らかの清掃活動が行われたものと推測される。とはいえ、理学部南ベンチ広場には新しい吸い殻が再び10本前後捨てられており、この場所を常習的な私設喫煙所とするニコチン依存者が少なからず存在することが確認できた。


【2017年5月22日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口付近と建物北側の縁石付近に合計2本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日確認された9本は除去されていたが、今回の2本がそのさいの見落としなのか、新しい吸い殻であるのかは不明。


【2017年5月22日(月)】

 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、岡大東門バス停北のベンチ広場(写真上)、「レトロな門」東側の遊歩道沿い、理学部南ベンチ広場にそれぞれ多数のポイ捨て吸い殻があり、特に理学部南ベンチ広場は50本を超えていた。


【2017年5月21日(日)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、新たなポイ捨て吸い殻はなく、まことに清々しい夕方となった。


【2017年5月21日(日)】
 昼前に文法経講義棟周辺を巡回したところ、西講義棟北出入口を中心に合計9本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日昼と変わらないので、新たなポイ捨ては無かったことが確認できた。なおこの日はグラウンドではサッカーの練習が行われていた。


【2017年5月21日(日)】
 この日は一般教育棟C棟でTOEICの試験が実施されていた。昼前に座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したところ、受験生と思われる男性が喫煙をしながら弁当を食べていた。さっそく近寄って、「ここの学生ですか? 試験を受けに来ただけですか?」と尋ねたところ、試験を受けに来ただけというお返事だったので、この場所は敷地内であり禁煙であると伝えた。男性は、直ちに立ち上がって、東西通り・歩道に出て喫煙を再開した。ベンチの足元には新しい吸い殻が50本以上ポイ捨てされていたので、吸い殻を指さし、この場所を勝手に私設喫煙所にしている悪質喫煙者がいて困っていると告げた。


【2017年5月20日(土)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、西講義棟北出入口で男子学生5〜6名が、ソフトボール練習のあいまの休憩をしていた。誰も喫煙はしておらず、まことに清々しい夕方となった。


【2017年5月20日(土)】
 昼過ぎに文法経講義棟裏を通過したところ、西講義棟北出入口前や縁石、砂利敷などに合計9本の吸い殻がポイ捨てされていた。前日夕刻に完全に除去していたことからみて、ポイ捨ては、金曜日夜間もしくは土曜日早朝に行われたものと確認できる。


【2017年5月19日(金)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、ちょうど事務職員による巡回が行われている最中であった。一緒に確認したところ、西棟北出入口隅に2本、北西角の縁石の上に1本、合計3本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年5月19日(金)】
朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西棟北出入口に新しい吸い殻1本がポイ捨てされていた。昨日夕刻に確認したものと同一かどうかは不明。


【2017年5月19日(金)】

 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、岡大東門バス停北のベンチ広場(写真上)と、理学部南ベンチ広場(写真下)にそれぞれ数十本の吸い殻がポイ捨てされていた。但し大部分は、昨日確認と同一の吸い殻と思われる。
 座主川沿いでスマホを操作している男子学生1名が居たが、喫煙はしていなかったので、シャリンバイの花についてちょっとだけ会話をした。



【2017年5月18日(木)】
 夕刻、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したところ、ベンチ広場周辺に3名、少し離れた川べりに1名、合計4名の男性(うち少なくとも3名は学生と思われる)が喫煙をしていた。このうち2名に対して、以下のような禁煙のオススメを行ったが、残り2名は立ち去ってしまったためオススメをすることができなかった。  念のため、昨年度からこの場所で吸っていたのかと尋ねると、1名が、20歳になったので今年から吸い始めていると答えた。新入生向けには禁煙指導も行われているはずだが、その効果むなしく、入学後に喫煙を始めたとはまことに嘆かわしいことである。なお、この場所での喫煙者に対しては、今後とも、時間の許す限り、できるだけ時間をかけて丁寧に禁煙のオススメをしていく予定。



【2017年5月18日(木)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、喫煙行為は見られなかったが、西講義棟北出入口の階段上に1本の吸い殻がポイ捨てされていた。朝の時点で清掃作業が行われていたので、日中に悪質喫煙&ポイ捨てが行われたものと推測される。


【2017年5月18日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西棟北出入口で1本、砂利敷に2本、合計3本のポイ捨てが確認された。もっともその後事務方からいただいた情報によれば、講義棟周辺で10数本の吸い殻があったとのことである。また、5/16の午後に東棟2階の東ベランダの北寄に10本余りのポイ捨てがあったとのことで、これは由々しき問題である。特定の講義の受講生と思われるので、科目名を特定した上で、担当教員からも厳重注意をしていただくようお願いしたいと思う。


【2017年5月18日(木)】

 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、岡大東門バス停北のベンチ広場(写真上)と、理学部南ベンチ広場(写真下)にそれぞれ数十本の吸い殻がポイ捨てされていた。但し大部分は、昨日確認と同一の吸い殻と思われる。
 このほか、理学部ベンチ広場を出た東西通り・歩道(敷地外)で、教職員と見られる男性が喫煙をしており、石垣のところで火を消して、理学部方面に戻って行かれた。念のため、吸い殻の有無を確認させていただいたが、当該場所に新しい吸い殻や灰の後は見当たらなかった。


【2017年5月17日(水)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も見られず、まことに清々しい夕方となった。


【2017年5月17日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、ちょうど職員ボランティアの方が清掃活動を終えたところであり、当然、ポイ捨て吸い殻は全く見られなかった。
]その後、事務方から10数本のポイ捨てがあったとの情報をいただいた。


【2017年5月17日(水)】

 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、岡大東門バス停北のベンチ広場(写真上)と、理学部南ベンチ広場(写真下)にそれぞれ数十本の吸い殻がポイ捨てされていた。また、「レトロな門」東の座主川沿いで、委託業者さんと見られる男性1名がしゃがんだままスマホで通話しながら喫煙しておられた。今回初めてお見かけしたが、常習的であれば、身元を特定した上で、トップダウンで注意を喚起してもらう予定。


【2017年5月16日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったものの、西棟北出入口付近を中心に合計13本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻時点では3本であったころから、残り10本は夕刻以降の集団悪質喫煙によるものと確認できた。


【2017年5月16日(火)】

 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見られなかったが、遊歩道沿いに各所で数本程度の吸い殻がポイ捨てされていた。また理学部南ベンチ広場には30本を超える新しい吸い殻があり、通行人の多い敷地内であるにもかかわらず、この場所で常習的に居直り喫煙を続けているものがあることが確認された。
 違反喫煙をしたうえに吸い殻の後始末さえできないということは自己責任能力が崩壊している証拠であり、このような行為が、「他者に見つからなければいい」、「他者から指摘されなければ平気で悪いことをする」というかたちで、研究活動におけるデータ捏造や研究費流用などに般化する可能性が無いとは言い切れない点が懸念される。


【2017年5月15日(月)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、東棟・西棟通路付近の1本を含めて合計2本の新しい吸い殻があった。


【2017年5月15日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られず、北西角の砂利敷きに比較的古い吸い殻3本がポイ捨てされているだけであった。いずれも古い吸い殻であることから、5月13日に確認した2本と同一であり、残り1本は私の見落とし、もしくは風で飛ばされてきたものと推測される。


【2017年5月15日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、東端で、何度もお見かけする委託業者さんの男性がしゃがんでおられた。但しこのときは喫煙をしておられない様子であった。遊歩道沿いの吸い殻は殆ど除去されていたが、理学部南ベンチ広場には20本以上が散乱していた(5月12日の記事参照)。


【2017年5月14日(日)】
 夕刻、岡大西門から一般教育棟構内に向かったところ、中年男性が敷地内でタバコのパッケージを開けて、敷地外の歩道に出たところで喫煙を開始した。私の顔を見てニヤニヤ笑っていたので、おそらく、以前に一度、敷地内喫煙をご注意申し上げた男性であった可能性がある。


【2017年5月14日(日)】
 夕刻、文法経グラウンドで数人の男子学生が講義棟の壁にボールをぶつけて練習をしていたので、いくらやさしくぶつけても繰り返せば壁の塗装がはがれたりヒビが入る恐れがあること、また、ボールをぶつける音が講義棟で行われている県警の採用試験に影響を与える恐れがあることなどを述べて、壁打ちを止めてもらった。念のため禁煙徹底を呼びかけたが、このグループはもともと喫煙とは無関係のように見えた。


【2017年5月14日(日)】
 この日は、一般教育棟で2つの外部試験が行われており、また文法経講義棟では岡山県警の採用試験が行われていた。昼頃に念のため講義棟周辺を巡回したが、ちょうど試験の真っ最中であり喫煙行為は見当たらなかった。ま、警察官を目ざす者が、この周辺で違反喫煙をすることはあるまいとは思う。


【2017年5月13日(土)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、昼に確認した2本の吸い殻以外には新たなポイ捨てはなく、まことに清々しい夕刻となった。なお、その後、理学部南ベンチ広場も通過したが、喫煙行為は見当たらなかった。


【2017年5月13日(土)】
 昼、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、北西角の砂利敷きに2本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年5月12日(金)】
 夕刻、座主川沿い・理学部ベンチ広場付近を通過したところ、白衣を着た男子学生2名が談笑しておりうち1名が喫煙をしていたので、さっそくこの場所は禁煙であること、周りの看板や掲示を指さして、この場所が岡大の敷地内であり、全面禁煙エリア内であることは、日本人なら当然分かるはずだと告げた。なお、ベンチ付近には、朝の出勤時の確認本数4本より10数本以上多い新しい吸い殻が散乱していたので、吸い殻をどうしているのか尋ねたところ、火を消して学部のゴミ箱に捨てているというお返事であった。全員がそのようにしているならポイ捨て吸い殻はゼロになるはずなのだが。(←火が残ったままゴミ箱に捨てていれば火災の危険がある。)
 ちなみにこの場所での喫煙行為は、 といった点で極めて悪質かつ危険な喫煙と言える。
 なお、今回目撃した男子学生のうち1名は喫煙をしていなかったが、友人がこの場所で喫煙を始めた場合には、上記のような理由で直ちにそれを止めさせるべきである。自分自身が受動喫煙の被害を受ける点も認識すべきであるが、違反行為を黙認ことは真の友情とは言いがたい。
 この場所での喫煙については今後も可能な限り注目していきたいと思う。



【2017年5月12日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、東棟南東角、東棟北東側路上、西棟北出入口や北西角に合計8本の吸い殻がポイ捨てされていた。人通りの多い講義棟東側でのポイ捨て確認は久しぶりのことである。このような行為を目撃した場合は集団で取り囲み、自己批判を迫るべきである。


【2017年5月12日(金)】

 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見られず、遊歩道沿いの吸い殻も、理学部南ベンチ広場付近に4本が残っていたほかは殆ど除去されていた。木曜日に何らかの清掃作業が行われたものと推測される。


【2017年5月11日(木)】
 夕食後に津山線沿いの歩道をウォーキングしていたところ、若い男性が喫煙しながら自転車を運転してこちらに向かってくるのが見えた。有害・有毒な煙を吸い込んだら大変だと、息を止めたところ、なっなんとその男性は、私とすれ違う直前に、火の付いた吸い殻をそのまま歩道に投げ捨てた。
 吸い殻がまだ赤々と燃えていたのでこれは大変だと思ったが、同じく向こうから歩いてきた別の男性がそれに気づいて火を踏み消し、事なきをえた。
 津山線の線路沿いは除草剤散布により乾燥した枯れ草が拡がっており、歩道上に投げ捨てられた吸い殻から引火する恐れがあった。


【2017年5月11日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、西棟北出入口や北西角に合計17本の吸い殻がポイ捨てされていた。その一部は集団喫煙によるものと推定できる。水曜日午後は殆ど授業が行われていないはずで、このような場所で誰がいつ頃喫煙しているのか、巡回の頻度を増やす必要がある。


【2017年5月11日(木)】

 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道東端の縁石で、何度もお見かけする委託業者さんの男性が喫煙をしていた。この場所での喫煙は違反喫煙であり、遊歩道を通行する教職員・学生に受動喫煙の被害を与えていることははっきりしているのだが、直接的な説得は難しい。大学のほうから当該業者の責任者に注意を促してもらうほうが良さそう。
 このほか、理学部南のベンチ広場【写真】で、100本を超える大量のポイ捨て吸い殻が確認された。目の前には全面禁煙の看板があり、通行人が多い場所で、いつこのような危険喫煙を続けられているのか謎である。ちなみに、この場所は、岡大西門付近を通過する時には何度も目を向けているが、最近では、私が通行する時間帯に喫煙をしている者は全く見かけない。


【2017年5月10日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回しようとしたところ、吸い殻を回収中の職員に出会った。前日のポイ捨て件数は、西棟北出入口、北西角、自販機西側合わせて8本であったという。


【2017年5月2日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、西棟北出入口や北西角に合計10本の吸い殻がポイ捨てされていた。相変わらず、月曜日夕刻以降に、集団違反喫煙&吸い殻投げ散らかしが横行しているようだ。


【2017年5月1日(月)】
 午前中、女子学生が中庭で喫煙しているという情報があったので、昼休みに、中庭と講義棟裏側、旧ボイラー棟周辺を数度にわたり巡回したが、喫煙行為は見当たらず、まことに清々しい昼休みとなった。


【2017年5月1日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見らなかったが、レトロな門東の遊歩道一帯、理学部南ベンチ広場一帯に10本前後の吸い殻がポイ捨てされていた。いっぽう、岡大東門バス停北ベンチ広場など一部エリアの吸い殻はゼロ本であり、何らかの清掃活動が行われた可能性がある。


【2017年4月30日(日)】
 昼過ぎと夕刻に文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為も吸い殻も全く見られずまことに清々しい日曜日となった。なお月曜日朝に事務方から伝え聞いた話では、土曜日には10本前後のポイ捨てが確認されたという。まだまだ、隠れ喫煙が横行しているようである。


【2017年4月28日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、西棟北出入口や北西角に2本の吸い殻がポイ捨てされていた。少なくとも1本は、昨日夕刻に確認したものとは別の場所にポイ捨てされた新しい吸い殻であった。


【2017年4月27日(木)】
 16時過ぎに文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、西棟北出入口や北西角に2本の吸い殻がポイ捨てされていた。最近、西棟北出入口付近で、白昼に喫煙をしている女子学生を見かけたというような情報も寄せられており、巡回の回数を増やす必要がありそう。


【2017年4月26日(水)】
 文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、西棟北出入口や北西角に合計5本の吸い殻がポイ捨てされていた。火曜日は不在であったため、どの時点でポイ捨てが行われたのかは不明。


【2017年4月24日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったが、西棟北出入口、北西角、西側自販機前などに合計7本の吸い殻がポイ捨てされていた。土日は不在であったため、どの時点でポイ捨てが行われたのかは不明。


【2017年4月24日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見らなかったが、遊歩道東端、岡大東門バス停北ベンチ広場、レトロな門周辺などに若干の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年4月21日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為も吸い殻も全く見られず、まことに清々しい朝となった。


【2017年4月20日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為も吸い殻も全く見られなかった。


【2017年4月20日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は全く見らなかったが、岡大東門バス停北ベンチ広場、レトロな門周辺などに若干の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年4月19日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為も吸い殻も全く見られなかった。なお、事務方からいただいた情報によれば、昨日〜本日朝の清掃活動は、いつもとは異なる時間帯に行われたとのことであった。


【2017年4月18日(火)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、喫煙行為は見られなかったが、吸い殻が数十本残っていた。但し、これらの殆どは、前日からのポイ捨てであり、この日の朝は何らかの事情で清掃作業が行われていなかったことによるものと推測された。
 その後、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したところ、新しい吸い殻が5本前後ポイ捨てされていた。朝は吸い殻がゼロであったことから、この日の日中にこの場所で居直り喫煙&ポイ捨てが行われたものと推測される。


【2017年4月18日(火)】
朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見られなかったものの、西棟北出入口付近や北東角、西側自販機前に、合計25本の吸い殻がポイ捨てされていた。先週火曜日朝にも28本がポイ捨てされていたことからみて、どうやら月曜日夕刻の授業を受講している者たちが、この場所で集団違反喫煙を続けているものと推測される。全面禁煙の掲示を無視した居直り行為に加えて、吸い殻を平気で投げ散らかすような者は、大学で学ぶ資格が無いと言わざるを得ない。


【2017年4月18日(火)】
 朝、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したが、喫煙行為は見られず吸い殻も1本も落ちていなかった。前日が雨天であったため、ここまで足を運んで違反喫煙する者はおられなかったと推測される。


【2017年4月17日(月)】
朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は全く見られず、吸い殻も1本も落ちていなかった。昨日夕刻の時点で何らかの清掃活動が行われたためと推測される。


【2017年4月17日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが、喫煙行為は全く見られず、吸い殻も1本も落ちていなかった。遊歩道沿いでの悪質喫煙が撲滅されたとすればまことに望ましいことだが、おそらく、日曜日に何らかの清掃活動が行われ、すべての吸い殻が除去されたためであろう。


【2017年4月16日(日)】
 夕刻、講義棟裏を通過したところ、グラウンド縁石の上に置かれていた吸い殻は無くなっていた。グラウンドでサッカーの練習をしていたアジア系留学生のグループ、もしくは、情報処理技術者試験のスタッフによって除去されたものと思われる。


【2017年4月16日(日)】
 14時半頃中庭を見下ろしたところ、家族連れのほか、情報処理技術者試験の受験生と思われる人たちが講義棟周辺で待機していた。見渡した限りでは喫煙行為は見当たらなかったが、念のためあとで確認する予定。


【2017年4月16日(日)】
 昼頃、文法経講義棟周辺を巡回したが喫煙行為は全く見られなかった。グラウンドではアジア系留学生と思われるグループがサッカーの練習をしており、建物北西の縁石の上などに荷物を置いていた。その近くに合計7本の新しいポイ捨て吸い殻があったが、関連性があるかどうかは未確認。


【2017年4月14日(金)】
 夕刻、講義棟裏側を通過したところ、新しい吸い殻7本がポイ捨てされていた。金曜日の朝に一旦除去されているはずなので、金曜日の日中にポイ捨てされたものと推定される。日中の違反喫煙&危険喫煙&ポイ捨て者をなんとかして見つけ出したいものだ。


【2017年4月14日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は全く見られなかったが、建物北側と西側自販機前、グラウンド側などに合計15本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻以降に新たに9本がポイ捨てされた模様。


【2017年4月14日(金)】
 朝、座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したところ、タバコの空き箱2個のほか、新しい吸い殻20本以上がポイ捨てされていた。この場所には、敷地内全面禁煙ほか、禁煙外来の案内など複数の掲示やスタンド看板があるが、これらを無視して違反喫煙し、さらに吸い殻や空き箱を平気で投げ捨てるとは、まさに、ニコチン依存による自己責任能力喪失の典型と言わざるを得ない。


【2017年4月13日(木)】
 夕刻、文法経講義棟裏側を通過したところ、建物北側一帯に新しい吸い殻6本がポイ捨てされていた。自己責任能力を喪失した悪質喫煙者が昼休み以降にポイ捨てしたものと推定される。午後の時間帯を中心に、現場をおさえていきたいと思う。


【2017年4月13日(木)】
 休み時間に、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為もポイ捨ても全く見られず、まことに清々しい昼となった。


【2017年4月13日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は全く見られず、また、昨日夕刻に残っていたポイ捨て吸い殻はすべて、除去されており、まことに清々しい朝となった。なお、事務方のほうで早朝に吸い殻を除去してくださったため、昨日の夜間において更なるポイ捨てがあったかどうかについては確認できなかった。


【2017年4月12日(水)】
 夕刻、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北側に新しい吸い殻4本がポイ捨てされていた。この日の朝には存在しなかったことから、日中の人目につく時間帯でもこの場所で居直り喫煙が行われていたものと推定される。


【2017年4月12日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は全く見られず、また、昨日夕刻に残っていたポイ捨て吸い殻はすべて、除去されており、まことに清々しい朝となった。


【2017年4月12日(水)】
 朝、理学部南ベンチ広場付近を通過したところ、ベンチ周辺に5本前後のポイ捨て吸い殻があり、うち1本は新しいものであった。この場所は、西門を通過するたびに目視確認しているが、最近は、喫煙行為は見かけなくなっている。


【2017年4月11日(火)】
 夕刻、教育学部東門近くを通過したところ、教職員とみられる男性1名が橋の上で喫煙をしておられた。いちおう敷地外なので声はかけていないが、何度も見かける方で、吸い殻をどうしておられるのかが気になる。なお、この男性は、教育学部方面に戻っていかれた。


【2017年4月11日(火)】
 休み時間、夕刻に文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為は見られず、まことに清々しい新年度授業開始日となった。なお朝の時点で確認した28本のポイ捨て吸い殻はそのまま残っていた。


【2017年4月11日(火)】
 月曜日から新年度の授業が開始されたが、翌日11日の朝に文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北側一帯になっなんと28本もの吸い殻がポイ捨てされていた。ニコチン依存の犠牲者であるとはいえ、警告を無視して違反喫煙を行い、その吸い殻の後始末さえできないという自己責任能力の喪失ぶりをみると、改めて薬物依存による人格崩壊の恐ろしさを実感する。本日より、休み時間等の巡回を増やす予定。


【2017年4月10日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、ポイ捨て吸い殻は1本も見当たらず、まことに清々しい授業開始日となった。なお、土日は講義棟で何らかの講座が開かれており、このほかグラウンド利用者や中庭の花見客などでかなり賑わっていたが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい休日であった。


【2017年4月7日(金)】
 午後、講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為は見られず、まことに清々しいオリエンテーション日和となった。


【2017年4月7日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、ポイ捨て吸い殻は1本も見当たらず、まことに清々しい新年度の朝となった。なお本日は、新入生オリエンテーションや在学生ガイダンスが行われる。引き続き、違反喫煙・危険喫煙の防止につとめたい。


【2017年3月29日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、ポイ捨て吸い殻は1本も見当たらず、まことに清々しい朝となった。なお、北側の国際交流会館西側の側溝のあたりでゴミ(吸い殻?)の回収作業をしている方2名を目撃した。


【2017年3月30日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、教育学部の工事関係者と見られる青いヘルメットをかぶった若い男性1名が、座主川沿い右岸(北側)遊歩道を岡大東門か東方向に歩いておられるのが見えた。単に散歩しておられるのか、他に目的があるのかは未確認。
 このほか、全般に吸い殻の除去が行われており、昨日、何らかの清掃作業が行われたものと推定される。


【2017年3月29日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、ポイ捨て吸い殻は1本も見当たらず、まことに清々しい朝となった。


【2017年3月29日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、理学部南の遊歩道東端(民家のすぐ西)の川縁で、作業服を着た男性1名が、川のほうを向いてしゃがんで喫煙していた。厳密に言うと縁石の上は敷地外にあたるので声をかけなかったが、明日以降常習的に喫煙されているようであれば、吸い殻の始末などを含めて声をかけたいと思う。
 なお吸い殻のほうは、岡大東門東側、「レトロな門」と岡大東門の間の遊歩道沿いで若干見られたが、全般に少なめであり、何らかの清掃活動が行われた可能性がある。


【2017年3月28日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、ポイ捨て吸い殻は1本も見当たらず、まことに清々しい朝となった。


【2017年3月28日(火)】
 朝、座主川遊歩道東端を通過したところ、委託派遣業者さんと見られるいつもの男性が遊歩道沿いの吸い殻を回収しておられた。お礼を申し上げたところ、「あんた方は、口先で(喫煙を)注意するだけで拾わないやろ」と言われたので、「(安全衛生部の巡回では拾っているが)私自身は少し違う考えを持っている。吸い殻を拾うのは、喫煙者の尻拭いをするだけで、結局悪質喫煙を甘やかすことになる。喫煙者自身に拾うよう指示している。」と申し上げた。
 ポイ捨て吸い殻を拾ったほうがいいのか、放置して喫煙者に拾わせたほうがいいのかについては両論があり一概にはどちらが正しいとは言いがたい。私自身は、ポイ捨ての実状を写真に撮影してWebサイトに公開することによって、ニコチン依存がいかに、敷地内禁煙のルール無視、他者への配慮欠如、火災発生の危険無視、環境美化無視といった人格崩壊を招くのかをアピールし、悪質喫煙者を追い詰めていくことが彼らを禁煙に導く有効な手段になりうると考えている。もっとも、多くの人が参加する構内清掃活動のような場では、吸い殻を拾うことが、悪質喫煙の実態を知る有効な機会になりうるとは思う。また、最近の文法経講義棟周辺のように、日々吸い殻を回収していくこと自体が、同じ場所での新たな違反喫煙の抑止に有効に働いている可能性もあり、思想的な問題は別として、テクニカルな面から有効な手段を模索する上では、考慮に値すると考えている。


【2017年3月27日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、昨日同様、建物北側の縁石付近に1本のポイ捨て吸い殻が残っていた。昨夕確認のものと同一。


【2017年3月27日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい朝となった。
 遊歩道東端(教育学部東門以東)、取水施設と「レトロな門」の間、レトロな門周辺には、それぞれ10本前後のポイ捨てがあった。


【2017年3月26日(日)】
 夕刻、文法経講義棟裏を通過したところ、建物北側に吸い殻1本がポイ捨てされていた。当日のポイ捨てなのか、前日までのポイ捨てが残っていたのかは未確認。
 岡大西門付近では、守衛さんがちり取りと箒を持って西側のベンチ広場方面に向かっていくのが見えた。西門付近でポイ捨てが少ないのは、定期的に清掃していただいているためかもしれない。


【2017年3月26日(日)】
 この日は、文法経グラウンドではソフトボールの交流試合(?)、講義棟では何らかの講座が開かれていた。
 午後、粗大ゴミ集積所の塀にボールをぶつける音が聞こえたので行ってみると、ユニフォームを着た中高年男性が投球練習をしておられた。塀が傷むので止めて欲しいと要望したところ、それを受け入れ、自転車でどこかへ去って行かれた。わざわざこの場所までやってきて投球練習をしているのだろうか。


【2017年3月24日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、昨日と同じ吸い殻1本がポイ捨てされていた他は、喫煙行為も新たなポイ捨ても確認できなかった。本日は卒業式が行われるため、講義棟周辺には多数の卒業生や後輩が集まってくると思われる。ニコチン依存の学生もこれを機会に、喫煙を卒業してもらいたいものだ。


【2017年3月23日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西側自販機前に、新しい吸い殻1本がポイ捨てされていた。この場所で吸い殻が確認されたのは久しぶりのことである。周囲には敷地内禁煙のポスターが多数貼られており、それらを無視して喫煙をするというのは、よほどのニコチン依存(かつ自分の行為の後始末ができない)か、もしくは、人に見つからなければ平気で悪いことをするという人間失格者による仕業と言わざるを得ない。


【2017年3月23日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道東端で、またまた委託派遣業者さんの男性が喫煙をしていた。この方は携帯灰皿を持参しておられるが、周辺に吸い殻が5〜6本ポイ捨てされていたので、「吸い殻が多いですねえ」と挨拶した。
 それ以外の場所では、「レトロな門」西側に若干の吸い殻が見られる程度であった。3月22日に行われた「スワンスワン企画」の巡視の際に除去されたものと思われる。


【2017年3月22日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られず、まことに清々しい朝となった。


【2017年3月17日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られず、まことに清々しい朝となった。


【2017年3月17日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道東端(保育所バス停北)で本日もまた顔なじみの委託派遣業者さんの男性が喫煙をしておられた。喫煙&ポイ捨ての危険性(この方は携帯灰皿持参)、健康問題などについて5分ほどお話をさせていただいた。
 遊歩道沿いのポイ捨て状況については特段の変化なし。


【2017年3月16日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られず、まことに清々しい朝となった。


【2017年3月16日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道東端で、3月14日の朝と同一の男性が立ったまま喫煙していた。委託派遣業者さんと見られる。次回の喫煙対策の会合で、委託業者さんとに敷地内禁煙を徹底していただくことについてお願いをしたいと思う。ポイ捨て吸い殻のほうは、教育学部東門以東、レトロな門西側に若干の吸い殻が残っていたが、全体として昨日よりは減っており、何らかの清掃作業が行われたものと推測される。


【2017年3月15日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られず、まことに清々しい朝となった。


【2017年3月15日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、敷地内での喫煙は見られなかったが、「レトロな門」出口付近で、中高年の男性がスポーツタイプの自転車を駐めて、橋のたもとで上で喫煙しておられた。教職員なのか、サイクリング中の休憩なのかは不明。この場所は敷地外ではあるが、通行人が多く、周囲への受動喫煙被害にも配慮してもらいたいものだ。またこの場所でのポイ捨ては火災発生の危険がある。
 また、この「レトロな門」の東にある取水施設付近では、ポスターの警告を無視して10本近くの吸い殻がポイ捨てされていた。ニコチン依存が善悪の判断能力を奪い、かつ、自分の行為に対する責任能力さえ奪うという恐ろしさを示す一例と言えよう。


【2017年3月14日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、喫煙行為もポイ捨て吸い殻も全く見られず、まことに清々しい朝となった。


【2017年3月14日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、遊歩道右端の民家近くで、以前にも何度かお会いしたことのある男性(委託派遣業者さん)が、しゃがんで喫煙していた。最近ではこの男性にお会いすることが全くなく、禁煙を実行されているのかと思っていたが、そうではなかったようだ。
 そのあと、座主川右岸の遊歩道を教育学部南のほうまで歩いて行ったところ、数メートルおきに吸い殻がポイ捨てされており、この場所が日中、私設喫煙所化していることが確認できた。この周辺で火災が発生するのは時間の問題だろう。教育学部南の小さな出入口の付近には全面禁煙の掲示があり、この周辺での喫煙は自粛されているようであるが、少し離れるとポイ捨てがいっきょに増えていた。


【2017年3月13日(月)】
 夕刻、いつもより早めに教育学部東門近くを通過したところ、背広を着た教職員と見られる男性が手ぶらで、座主川右岸遊歩道方面に歩いて行くところが見えた。単なるお散歩なのか、川沿いを私設喫煙所としているのかは未確認。
 そのあと、遊歩道東端のあたりで、顔なじみの植木屋さんの親方に出会った。少し前に文法経周辺の剪定をしていただいたことがあり、構内が明るくすっきりして良かったですと申し上げたところ、某教員から学長宛に「木を切りすぎている」というクレームが出たという。植木屋さんの立場としては、景観重視のほか、何十年かに一度の台風襲来の際の倒木を避けるための安全対策という面もある、毎年剪定しているわけではないのでどうしてもバッサリ切ることになるとのお話であった。


【2017年3月13日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが喫煙行為は見当たらなかった。遊歩道東端から「レトロな門」に至るまでの、いつもとは違う場所にまとまったポイ捨てがあった。後期試験の関係者(学外者を含む)が一定時間同じ場所で喫煙していた可能性がある。


【2017年3月12日(日)】
 この日は後期試験が行われていたが、午後はすでに試験が終了し、閑散としていた。念のため、夕刻に講義棟周辺を通過したが、ポイ捨て吸い殻は1本も無かった。


【2017年3月11日(土)】
 昼過ぎに一般教育棟構内を通過したところ、C棟とD棟の間で、入学予定者向けのアパート・マンション案内に使用するレンタル自転車のところに男女の学生スタッフが待機していた。数日前、学生スタッフが、入学予定者と父兄と一緒に自転車を運転している時、岡大・東西通りの車道を右側通行しているのが見えたので、右側通行しないように伝えてほしいと依頼しておいた。


【2017年3月10日(金)】
 夕刻、北方郵便局に用事があり、法界院駅近くの横断歩道を渡っていたところ、突然、強い刺激臭を伴ったガスを吸い込み目まいがした。振り返ってみると、すれ違った男性が歩行喫煙をしており、路上に灰を落としながら中国銀行方向に歩いているのが見えた。
 通常、歩行喫煙者が見えた時は息を止めて少し離れたところをすれ違うようにしているのだが、この時は車に注意を向けていたため、気づかなかった。全く迷惑な話だ。


【2017年3月10日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したが、喫煙行為は全く見られず、ポイ捨て吸い殻は1本も無かった。


【2017年3月10日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが喫煙行為は見当たらなかった。岡大東門バス停北のベンチ広場には、またまた新しい吸い殻がポイ捨てされており、このあたりで違反喫煙・ポイ捨てを繰り返す者がいることが確認された。いっぽう、理学部南ベンチ広場には殆ど吸い殻が見当たらなかった。岡大西門近くで、近隣在住の男性が清掃作業をしておられたので、おそらく除去してくださったものと思われる。


【2017年3月9日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したが、喫煙行為は全く見られず、ポイ捨て吸い殻は1本も無かった。北西側の杉の木3本が花粉をいっぱいつけており、講義棟裏で違反喫煙をする者は、花粉の洗礼を受けることになるだろう。


【2017年3月8日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したが、喫煙行為は全く見られず、ポイ捨て吸い殻は1本も無かった。(西側自販機より南側の落ち葉の中に細い吸い殻1本があったが、これは2月28日に確認された吸い殻が風で飛ばされてきたものであると推定される。)


【2017年3月8日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが喫煙行為は見当たらなかった。昨日同様、岡大東門バス停北のベンチ広場など一部のエリアでは吸い殻が除去されていた。いっぽう、岡大東門以東(法界院方向)の遊歩道沿いは、ポイ捨てがますます目立っており、火災が発生した場合、隣接する民家に延焼する恐れが大きい。


【2017年3月7日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したが、喫煙行為は全く見られず、ポイ捨て吸い殻は1本も無かった。


【2017年3月7日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが喫煙行為は見当たらなかった。相変わらずポイ捨て吸い殻が散乱していたが、岡大東門バス停北のベンチ広場など一部のエリアでは吸い殻が除去されていた。むしろ、禁煙ポスターから少し離れた遊歩道沿いのポイ捨てのほうが目立っていた。


【2017年3月6日(月)】
 午後、産業医による文法経研究棟(文化科学系総合研究棟を含む)の巡視があり、委員として立ち会わせていただいた。建物周辺や非常階段にはポイ捨て吸い殻は認められなかったが、3階西側の廊下付近でタバコ臭がひどく、また、ドアの上部の天井がヤニで黄変している研究室が複数見受けられた。
 建物内巡視のあと、南側の座主川遊歩道を巡回したところ、小さな用水路にかかる橋の下に10本前後の新しい吸い殻がポイ捨てされていることを確認した。燃えやすい落ち葉の上にポイ捨てするような行為は、もはや、放火未遂の犯罪者として取り締まるべきである。このほか、座主川左岸の西端、レオパレス手前の川沿いで、黒っぽい服を着た男性1名が喫煙している様子が目撃された。


【2017年3月6日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したが、喫煙行為は全く見られず、ポイ捨て吸い殻は1本も無かった。土日にはグラウンドでのサッカー練習のほか、講義棟で何らかの講座が開かれていたが、悪質喫煙行為は無かった模様。


【2017年3月6日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったが、遊歩道各所でポイ捨て吸い殻が散乱していた。特に、岡大東門バス停北ベンチ広場付近のポイ捨ては目に余るほどであった。
 理学部南ベンチ広場では、近隣に住んでいると思われる年配の男性が清掃活動をされていた。


【2017年3月5日(日)】
 昼頃、心理学別棟実験室に立ち寄ったところ、西側のプレハブ倉庫北出入口付近で、関連業者さんと見られる男性1名が喫煙をしていた。さっそく近寄り、大学敷地内はすべて禁煙であること、この場所の北側は剪定された枝や雑草の集積所となっており、万が一火の粉が飛んだ場合は取り返しのつかないことになると申し上げた。男性は金属製の空き瓶を灰皿代わりにしていた。その後、プレハブの裏側を通って駐車場に移動された。
 なお、この日の午後は講義棟で何らかの講座が行われている模様。


【2017年3月3日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したところ、喫煙行為は全く見られなかったが、西側自販機前に細い吸い殻1本がポイ捨てされていた。なおこの吸い殻は火曜日に確認したものが依然として残っているものと推定される。


【2017年3月2日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したところ、喫煙行為は全く見られなかったが、西側自販機前に細い吸い殻1本がポイ捨てされていた。なおこの吸い殻は火曜日に確認したものが依然として残っているものと推定される。


【2017年3月1日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したところ、喫煙行為は全く見られなかったが、西側自販機前に細い吸い殻1本がポイ捨てされていた。なおこの吸い殻は火曜日に確認したものと同一であると推定される。


【2017年3月1日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったが、遊歩道各所でポイ捨て吸い殻が散乱していた。
 昨日の夕刻、教育学部東門から座主川右岸(北側)遊歩道のほうに向かう男性がおられたので現場を確認したところ、吸い殻が何本かポイ捨てされていた。但しその男性が喫煙&ポイ捨てしたのかどうかは確認できていない。また、教育学部耐震改修工事の作業員とみられる男性が、私が通り過ぎたあとから、同じ場所に移動してこられた。但し、喫煙行為は確認していない。
 なお、教育学部東門から西側に少し入ったところに、座主川の水面に達することのできるコンクリートのスロープがあり、この場所にもポイ捨て吸い殻が落ちていた。厳密に言うとこの場所は岡大の敷地外(座主川の管理区域)になると思われるが、火災発生の危険やポイ捨てによる水質汚染の可能性がむしろ大きい。岡山市のほうで立ち入り禁止区域に指定していただくのが妥当と思われる。


【2017年2月28日(火)】
 夕刻、教育学部東門近くを通過したところ、白いジャンパーを着た男性が、あたりを見回してから座主川右岸遊歩道の茂みのほうに移動していくところが見えた。あの場所には特段の絶景ポイントは無いはずで、何を目的に移動されたのか気になるところだ。このほか、以前、喫煙行為で何度か声をかけたことのある男子学生の2人連れとすれ違った。


【2017年2月28日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したところ、喫煙行為は全く見られなかったが、西側自販機前に細い吸い殻1本がポイ捨てされていた。


【2017年2月28日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったが、遊歩道各所でポイ捨て吸い殻が散乱していた。


【2017年2月28日(火)】
 朝、岡北中学校東側から岡大・東西通りを通行したところ、青年会館付近で、さまざまな世代の人たちが路上のゴミを回収しておられた。どういう団体なのかは不明だがまことにありがたいことだ。回収袋の中にはやはりポイ捨て吸い殻が多く、歩行喫煙で有害な煙をまき散らした上に、自分の吸い殻の後始末さえできないという、自己中心的で傍若無人な一部悪質喫煙者たちの振る舞いが確認された。
 ニコチン依存自体は気の毒だとは思うが、吸い殻をポイ捨てするか携帯灰皿に収納するかということは自分でコントロールできるはず。それすらできない悪質喫煙者たちを軽蔑し、怒りの気持ちを強める必要がある...と思ったところで、若い男性がタバコをくわえながら大型バイク運転しているのを見かけた。火の付いた灰を周囲にまき散らしながら運転するような者は、もはや犯罪者と呼ぶべきであろう。


【2017年2月27日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したが、喫煙行為は全く見られず、吸い殻も1本も落ちていなかった。この日は何らかの工事が予定されているらしく、講義棟北西角には関係業者さんたちの車が駐められており、資材が運ばれていた。


【2017年2月27日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったが、遊歩道各所でポイ捨て吸い殻が散乱していた。


【2017年2月24日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したが、喫煙行為は全く見られず、吸い殻も1本も落ちていなかった。明日の個別学力試験前期日程に備えて、本日金曜日は受験生が下見に来ることと思われる。


【2017年2月24日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったが、遊歩道各所でポイ捨て吸い殻が散乱していた。但し、レトロな門周辺とその東側の遊歩道沿いにあったおびただしい数の吸い殻が除去されており、昨日までに清掃活動が行われたものと推測される。
 明日は個別学力試験前期日程が行われることもあり、受験生が有害な煙の被害を受けないよう、厳重に監視する必要がある。


【2017年2月23日(木)】
 夕刻、教育学部東門付近を通過したところ、教職員とみられる男性1名が橋の上(いちおう敷地外)で喫煙をしていた。しばらく注視していたところ、男性は座主川を灰皿代わりにしており、最後には吸い殻を川に投げ込んでキャンパス内に戻っていた。敷地外の喫煙という点ではありがたいことだが、川の中に吸い殻を投げ込むことについては徹底的に批判されるべきだろう。


【2017年2月23日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したが、喫煙行為は全く見られず、吸い殻も1本も落ちていなかった。昨日確認された、自転車置き場付近の1本は除去されていた。


【2017年2月22日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したところ、自転車置き場付近に1本の吸い殻がポイ捨てされていた。少々古い吸い殻であり、前日までに見落としていたのか、あるいは強風で別の場所から飛ばされてきたものである可能性もあり。


【2017年2月22日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったが、遊歩道沿い各所に吸い殻が散乱していた。なかでも「レトロな門」東の川沿い一帯にはおびただしい数の吸い殻があり、この場所を私設喫煙所化している悪質な喫煙者(=違反喫煙の上に、自分の吸い殻を始末するという自己責任能力を喪失している喫煙者)が相当数存在していることが示唆された。なお、岡大東バス停北のベンチ広場の吸い殻は除去されていた。


【2017年2月21日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したが、喫煙行為は全く見られず、吸い殻も1本も落ちておらず、まことに清々しい朝となった。これで2月14日(火)の朝以降、このエリアでは吸い殻ゼロの日が一週間連続したことになる。めでたいめでたい。


【2017年2月20日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を通過したが、喫煙行為は全く見られず、吸い殻も1本も落ちておらず、まことに清々しい朝となった。


【2017年2月19日(日)】
 夕刻、講義棟裏を通過したが、喫煙行為は全く見られず、吸い殻も1本も落ちていなかった。


【2017年2月19日(日)】
昼頃、文法経講義棟周辺を通過したが、喫煙行為は全く見られず、吸い殻も1本も落ちていなかった。なお19番教室と26番教室で何らかの行事が行われており、講義棟南側には大量の自転車が駐輪されていた。


【2017年2月18日(土)】
 この日は、文法経グラウンドでサッカーやソフトボールの練習、講義棟では歴史関係の研究会などが行われていたが、講義棟周辺での喫煙行為は見られず、吸い殻も1本も落ちていなかった。


【2017年2月17日(金)】
 この日は大学院博士前期課程の試験が行われたが、講義棟周辺での喫煙行為は見られず、吸い殻も1本も落ちていなかった。


【2017年2月16日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、3日連続で、吸い殻は1本もなく、まことに清々しい朝となった。


【2017年2月15日(水)】
 夕刻、教育学部東門近くを通過したところ、教職員とみられる男性1名が、東西通りのほうから歩行喫煙しながら橋を渡って敷地内に入ってくるところが見えた。しかし、橋を渡り終えた時点ではタバコはどこかに消えていた。携帯灰皿に収納されたのか、座主川に投棄したのかは確認できなかった。
 このほか、私の帰宅より少し早い時間帯に、顔なじみの男子学生2人組が教育学部東門の南西側の遊歩道付近を私設喫煙所としている模様。


【2017年2月15日(水)】
朝文法経講義棟周辺を巡回したが、昨日同様、吸い殻は1本もなく、まことに清々しい朝となった。


【2017年2月15日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったが、昨日同様、おびただしい数の吸い殻が散乱していた。写真照合の結果、レトロな門東の遊歩道沿いの吸い殻はますます増えていた。
 理学部南の東西通り歩道上では、顔なじみの男性1名が喫煙をしており、時折、縁石に灰をこすりつけていた。


【2017年2月14日(火)】
朝文法経講義棟周辺を巡回したが、私が見た限りでは吸い殻は1本もなく、まことに清々しい朝となった。先週で授業が終了していることもあり、この場所にやってきてわざわざ違反喫煙&ポイ捨てをするような者は限られていると思われる。


【2017年2月14日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったが、各所でポイ捨て吸い殻が目立った【写真参照】。おびただしい数の吸い殻が散乱し、かつ、火災発生の危険がきわめて高いにもかかわらず、これが当たり前の風景として黙認されてしまっているところが恐ろしい。


【2017年2月13日(月)】
朝文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北〜北西側に合計5本の吸い殻がポイ捨てされていた。本数は日曜日と同じ。


【2017年2月13日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったが、各所でポイ捨て吸い殻が目立った。とりわけ、「レトロな門」出口付近と、そこから東に延びる遊歩道上には数百本を数えるほどの吸い殻が散乱していた。何度か警告を発しているように、このようなポイ捨て1000本のうち1本でも火の不始末があれば、西側の民家を巻き込んだ火災が発生する危険性がきわめて高い。
 このほか、取水施設の川沿いにはまたまた金属製ボトルが置かれていた。以前にも見かけたが、ボトルを灰皿代わりとして、この場所を私設喫煙所としている教職員がおられるようである。違反喫煙ではあるが、ポイ捨てによる危険喫煙に比べれば若干マシという気もする。


【2017年2月12日(日)】
 昼過ぎに文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北〜北西側に合計5本の吸い殻がポイ捨てされていた。金曜日夕刻によるものか、それ以降のものかは未確認。


【2017年2月10日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西棟北出入口付近、建物北側を中心に合計9本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日は月曜日の時間割で授業が行われていたので、月曜日夕刻以降の受講生の中の重度のニコチン依存者たちがこの場で違反喫煙をし、自己責任能力が崩壊しているために平気で吸い殻をポイ捨てしたものと推測される。


【2017年2月9日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、昨日同様にポイ捨て吸い殻は1本も無く、まことに清々しい朝となった。


【2017年2月8日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したが、私の見た限りではポイ捨て吸い殻は1本も確認できなかった。あとで、事務方に尋ねたところ、東棟・西棟の連絡通路付近に1本の吸い殻があったのみであったという。火曜日夜には集団喫煙によるポイ捨てが目立つことがあるが、今週は該当授業が休講になっていた可能性が高い。もしそうでなくて、本当に禁煙化の成果であれば喜ばしいことであるが。


【2017年2月8日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったが、岡大東門バス停北のベンチ広場、「レトロな門」周辺、理学部南ベンチ広場では相変わらず多数のポイ捨て吸い殻が目立っていた。


【2017年2月7日(火)】
 夕刻、文法経講義棟北側を通過したが、喫煙行為は全く見られず、また吸い殻もすべて除去されており、まことに清々しい夕方となった。


【2017年2月7日(火)】
 夕刻、教養教育科目担当を終えて戻る途中、座主川沿い・理学部南ベンチ広場付近で、以前にもお見かけしたことのある男性1名が立ったまま喫煙をしていた。さっそく近づこうとしたが、男性は喫煙を終了して橋を渡り理学部建物内に入っていった。
 近づいていく途中、手を伸ばして灰を落としている様子は見えていた、吸い殻をどうしたのかについては確認できなかった。


【2017年2月7日(火)】
 午後、教養教育科目担当のため座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したところ、数メートル前を歩いていた男子学生3名がベンチに座って一斉に喫煙を始めようとした。さっそく、なぜ、敷地内のこの場所で喫煙するのかと尋ねたところ、うち1名がここは敷地外だと思っていたと答えた。すぐ近くの全面禁煙の看板を指さして、ここが敷地外だとしたらあのような看板やポスターを設置できるはずがなかろうと述べた上で、この場所での喫煙が、受動喫煙の被害を及ぼすばかりでなく、火災発生の原因にもなると指摘した。その後3名は東西通りの歩道上に出て喫煙を開始したので、自分の健康のためにタバコを止めることだいちばん良いことだと述べたが、あまり効き目は無かったかもしれない。
 それにしても、禁煙の看板が設置されているエリアが岡大敷地内であることは、ちょっと考えれば容易に分かるはず。敷地外だと勘違いしていたというのは単なる言い訳に過ぎないか、この場所での喫煙は黙認されていると勝手に解釈していたために違いない。いずれにせよ、この場所を通る多くの人たちに受動喫煙の被害を及ぼし、かつ火災発生の危険があることに気づけば、このような場所で喫煙してはいけないことは簡単に分かるはず。


【2017年2月7日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西棟北出入口付近、建物北側、北西角に合計15本の吸い殻がポイ捨てされていた。最近の1日あたりのポイ捨て本数としてはかなり多い。


【2017年2月7日(火)】
 朝、工学部一号館前を通過したところ、一号館正面の休憩所(椅子とテーブル)の足元には5本近くの吸い殻がポイ捨されており、ちょうど、職員の方がボランティアで除去作業をしておられるところだった。ポイ捨ての状況から、夜間に集団喫煙があったものと推定される。仮に工学部の関係者であったとすると、規制を逃れるためのごまかし装置を作ることをいとわない悪質な技術者を世間に送り出すことにつながると懸念される。このような場所で違反喫煙・ポイ捨てをしている者が地球環境を守る技術開発研究をしているなどと壮語しても誰も信用しないだろう。


【2017年2月6日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西棟北出入口付近、建物北側、北西角に合計10本の吸い殻がポイ捨てされていた。昨日は夕刻遅くまで26番教室の照明が点灯されていたが、関係者による喫煙&ポイ捨ては全く無かったことが確認された。


【2017年2月5日(日)】
 午後、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西棟北出入口付近、建物北側、北西角に合計11本の吸い殻がポイ捨てされていた。この日は26番教室で何らかの講座、もしくは講演会が開かれているようであったが、参加者による喫煙は行われていないように見えた。


【2017年2月5日(日)】
 午後、自転車で座主川沿い・理学部南ベンチ広場を通過したところ、5本前後の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。昨日夕刻に、反省学生がすべて拾ってくれたはずであるが、見落とされたのか、もしくは日曜日に新たにポイ捨てされたのかは確認できなかった。


【2017年2月5日(日)】
 昼頃、車で岡大・東西通りを通過したところ、座主川沿い・理学部南ベンチ広場に男子学生数名が集まっているのが見えた。ポケモンGOをやっているものと推測されたが、喫煙の有無は確認できなかった。


【2017年2月4日(土)】
 夕刻、岡大西門を通過したところ、座主川沿い・理学部南ベンチ広場で4名の男子学生がスマホを操作していた(おそらくポケモンGO)。念のため木陰から観察したところ、うち1名がスマホに熱中しながら喫煙をし、落ち葉の上に灰を落としているのが確認できたのでさっそく近づいて、この場所で喫煙することは、 という3点において悪いことになると説諭した。
 さらに、吸い殻はどうしているのか?と尋ねたところ、携帯灰皿を使っていますと答えたので、じゃあ、今すぐ出して見ろと問い詰めると、きょうは持ってくるのを忘れたという。これで、実際は吸い殻をポイ捨てしておきながらウソをついてごまかそうとしているのがはっきりした。このまま反省をしなければ、将来、研究者になった時にはデータ捏造、企業に就職した時には詐欺や横領を起こす恐れがあり心配になってきた。
 その後、直ちにゲームを止めて吸い殻を拾うように指示したところ、当該学生はしぶしぶ周辺の吸い殻を拾い始めた。この点が反省につながれば幸い。
 なお今回は当該学生1名のみに説諭したが、他の3名の男子学生たちはずっとポケモンGOに熱中していた。本来、仲間の1名が喫煙を始めようとした時には止めさせるのが友情であり、自らの受動喫煙防止にもつながるはず。ポケモンGOに熱中しながらの喫煙は火災発生の危険がきわめて大きいと思われるので、今後も注意深く監視していくことにしたい。


【2017年2月4日(土)】
 この日は文法経講義棟で「就活セミナー」が開かれていた。昼頃、講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は見当たらなかったが、合計9本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。夕刻、同じ場所を通過したところ、ポイ捨て吸い殻の数が11本となっていて2本増加していたが、就活セミナー参加者によるものか、グラウンド使用者によるものかは不明。


【2017年2月3日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、自転車置き場とのあいだ、西棟北出入口付近、西側自販機前などに合計6本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年2月3日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、岡大東門の橋の上で、教育学部の工事関係者と思われる男性が喫煙をしていたがいちおう敷地外なので特に声はかけなかった。タバコの灰を座主川に落としているのは見えたが吸い殻をどう処分されたのかは未確認。このほか、レトロな門出口付近にはおびただしい数のポイ捨て吸い殻が散乱していた。何も対策をとらない場合、この付近で火災が発生するのは時間の問題かもしれない。


【2017年2月2日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、ちょうど事務職員の方がボランティアで吸い殻を回収している最中であった。少なくとも5本以上のポイ捨てがあった模様。
 なお、西棟北出入口付近の壁にはタバコの灰が付着しており、一部は塗料がタバコの火により融けていた。火をつけたまま投げ捨てるよりは安全であるとはいえ、このような禁煙エリアで公共建築物に火の付いた吸い殻をこすりつけるとはもってのほか。ニコチン依存がいかに責任能力を崩壊させているのかがまたまた露呈した。


【2017年2月2日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜〜座主川左岸・岡大東門バス停北〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったものの、各所で新しいポイ捨て吸い殻が確認された。
 なお、「レトロな門」出口付近・西側で高齢の男性が杖をつきながら吸い殻を回収しておられた。近隣に住む方と思われる。この場所で吸い殻を投げ散らかした悪質喫煙者たちは、この男性の前で土下座して謝罪すべきであろう。


【2017年2月1日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西棟・北出入口付近、建物北側、26番教室外側階段に合計6本の吸い殻がポイ捨てされていた。自分が吸っているところが見つかることさえなければ、吸い殻を投げ散らかし、火災が起こってもどうでもいいということか。


【2017年2月1日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったものの、「レトロな門」出口付近を中心に大量のポイ捨て吸い殻が確認された「レトロな門」周辺は、受動喫煙被害が大きいことに加えて、火災発生の場合、西側の民家に延焼する危険が非常に高い。
 なお、教育学部南ほかで、新しい掲示が設置されていることに気づいた【写真参照】


【2017年1月31日(火)】
 午後、教養教育科目担当のため理学部南ベンチ広場付近を通過したところ、男子学生3名がベンチ周辺で何かをしていた。集団喫煙ではないかと近寄ってみたところ、3名ともスマホを操作しており、そのしぐさからポケモンGOで遊んでいるように見受けられた。ポケモンGO自体の弊害も議論されているところではあるが、少なくとも、この場所で違反喫煙するよりははるかに望ましいことである。ポケモンGO参加者がこのあたり一帯に集合すれば、結果的に違反喫煙者は締め出されて受動喫煙被害も無くなるのではないかと期待される。
 なお、授業終了後に同じ場所を通過したが、新たなポイ捨て吸い殻はなく、まことに清々しい夕方となった。


【2017年1月31日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西棟・北出入口付近、建物北側、北西角に合計7本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年1月31日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったものの、岡大東門バス停北、「レトロな門」出口付近および東側遊歩道一帯、理学部南ベンチ広場付近にはかなりの数のポイ捨て吸い殻があり、相変わらず、悪質喫煙者たちによる私設喫煙所化していることが確認された。


【2017年1月29日(日)】
 昼頃に、文法経講義棟周辺を巡回したが、ポイ捨て吸い殻の本数は昨日と同じ10本のままであった。グラウンドでは、サッカーとソフトボールの練習が行われていたが夕刻には誰も居なくなっていた。


【2017年1月28日(土)】
 昼頃に、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西棟・北出入口付近、建物北側、北西角のあたりに合計10本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。建物北側の禁煙を呼びかけるポスターの前には空き箱も投げ捨てられていた。違反喫煙のすえ、じぶんのゴミの後始末さえできない悪質喫煙者たちは、けっきょく、自らが健康被害で苦しむことになる。


【2017年1月27日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、東棟・北東角、西棟・北出入口付近に合計7本の新しい吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年1月27日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したところ、喫煙行為は見当たらなかったものの、「レトロな門」出口付近一帯と理学部南ベンチ広場付近に新しい吸い殻がポイ捨てされていた。なお、岡大東門バス停北のベンチ広場の吸い殻は除去されており、灰のみがこびりついていた。


【2017年1月26日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西棟出入口付近に吸い殻、空き箱が投げ捨てられているほか、飲料水容器もほったらかしにされており【写真参照】、水曜日午後以降にこの場所で悪質な集団喫煙があったものと推測される。この場所を含めて、合計10本の吸い殻がポイ捨てされていた。
 西棟出入口からはほんの10数メートルのところに、空き缶、空き瓶などのゴミ箱が設置されている。にもかかわらず、自分の飲んだ空き瓶などの後始末さえできないとはまったくもって人間失格。こういう自己責任能力が崩壊した学生たちを岡大の卒業生として世間に送り出してよいものかどうか疑問。


【2017年1月26日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが、「レトロな門」外側で男子学生数名が喫煙をしていたものの、敷地内での喫煙は見当たらなかった。
 岡大東門バス停北のベンチ広場や「レトロな門」周辺では比較的新しい吸い殻のポイ捨て、さらには空き箱なども投げ捨てられており、悪質喫煙者の傍若無人ぶりが露呈している。


【2017年1月25日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、西棟出入口、建物北側(西棟北出入口と北西角のあいだ)、西側自販機前に合計15本の吸い殻がポイ捨てされていた。火曜日の夕刻以降にポイ捨てされたものと推察される。残念ながら、火曜日夕刻には悪質喫煙行為が横行しているようである。


【2017年1月24日(火)】
 午後、教養教育科目担当のため一般教育棟に向かったところ、理学部南ベンチ広場から東西通りに出た歩道上で、顔なじみの男子学生が喫煙をしていた。敷地外なので特に声かけはしなかった。念のため、灰と吸い殻の始末を観察したところ、タバコの灰については、東西通り植栽の縁石にこすりつけているように見えた。また吸い殻はしゃがんで念入りに消火しておられたが、その後ポケット灰皿に収納したのか、それとも排水溝のフタの穴に落とし込んだのかは確認できなかった。このほか、食べ物屋さんの店の前で男子学生3名、「レトロな門」遊歩道出入口付近の縁石に腰掛けている男性1名が喫煙していた。いずれも岡大の敷地外ではあるが、食べ物屋さんの敷地内で喫煙されることについては相当迷惑をされていると拝察される。
 なお一般教育棟構内から戻る時には、喫煙行為は見当たらなかった。


【2017年1月24日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北側(西棟北出入口と北西角のあいだ)に合計6本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年1月24日(火)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい朝となった。23日には1日遅れで実施された「毎月22日は禁煙の日、スワンスワンで禁煙を!」の巡視により、「レトロな門」周辺の100本以上のポイ捨て吸い殻は大部分回収されていた。しかし、当該場所を含めて、岡大東門バス停北ベンチ広場、理学部南ベンチ広場、そのほか路上には新しい吸い殻がまたまたポイ捨てされていた。なかには、写真のように落ち葉にさし込まれた吸い殻もあった。放火未遂行為といってもよいだろう。


【2017年1月23日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北側(西棟北出入口と北西角のあいだ)、建物南西側に比較的古い吸い殻5本がポイ捨てされていた。日曜日にはグラウンドでサッカーの練習をしていたグループ以外にはこの周辺で殆ど人影がなかったことから、土曜日に投げ捨てられた可能性が高い。


【2017年1月23日(月)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい朝となった。「レトロな門」南側とその東に通じている遊歩道沿いには相変わらず100本以上の吸い殻が落ち葉に混じってポイ捨てされていた。23日には1日遅れで「毎月22日は禁煙の日、スワンスワンで禁煙を!」の巡視が行われる予定なので、吸い殻はすべて回収されるものとは思うが、違反喫煙のあげくにその後始末さえできず、人様に尻拭いをしてもらうという悪質喫煙はまことに情けないことだ。


【2017年1月20日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、建物北側(西棟北出入口と北西角のあいだ)で集団喫煙の跡があり、吸い殻5本と空き缶が投げ捨てられていた。
 なお、少し前に安全衛生部からのメールで、グレーチングの中に吸い殻を捨てる行為が指摘されていたので、通勤中に確認できる箇所をすべて覗いてみたが、ことごとく落ち葉がたまっていることが分かった。水の溜まっていたのは1カ所のみであとは乾燥しており、吸い殻投げ込みによる火災発生の危険はありうると思われた。


【2017年1月19日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、ちょうど事務職員の方がボランティアで吸い殻を回収しておられるところであった。講義棟周辺には2本のポイ捨てがあったとのこと。


【2017年1月19日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい朝となった。しかしながら、ポイ捨て吸い殻は各所に見られており、特に、「レトロな門」南側とその東に通じている遊歩道沿いには100本以上の吸い殻が落ち葉に混じってポイ捨てされていた。防火上の観点から言えば、教育学部東端、教育学部南、レトロな門周辺、理学部南ベンチ広場東、岡大西門西側一帯は、落ち葉が多かったり民家が近かったりといった理由で特に火災発生の危険が高いように思われた。


【2017年1月18日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は全く見られなかったが、西棟北出入口付近と西側自販機前に合計2本の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年1月17日(火)】
 教養教育科目担当のため、午後、2回にわたって理学部南ベンチ広場を通過したが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい午後となった。
 また、12月下旬に違反喫煙と火の付いた吸い殻をそのまま投げ捨てる行為を目撃したE棟東側では、今回は、私が2階から目視した限りでは喫煙行為は見当たらなかった。西側自販機付近で男子学生2名が談笑していたが、飲み物を飲んでいる様子で、喫煙行為は確認していない。


【2017年1月17日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は全く見られなかったが、西側自販機前とグラウンド側に合計2本の吸い殻がポイ捨てされていた。グラウンド側の1本は土に埋もれていたので以前からその場所にあった可能性が高い。


【2017年1月17日(火)】
 朝、教育学部〜工学部南〜時計台南の構内メインストリートを通過したところ、工学部1号館前の休憩所の足元に10本近くの吸い殻がポイ捨てられているのを確認した。仮に工学部の関係者であったとすると、単に生産性向上ばかりをめざし環境を汚染したり、規制を逃れるためのごまかし装置を作ることをいとわない悪質な技術者を世間に送り出すことにつながると懸念される。


【2017年1月16日(月)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は全く見られず、また、ポイ捨て吸い殻も1本も無かった。この土日にはセンター試験が行われていたが、受験生の禁煙は年齢的にも当然として、保護者や高校教員、塾関係者などによる違反喫煙は全く行われていなかったようであり、まことに喜ばしいことだ。


【2017年1月13日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は全く見られなかったものの、建物北側一帯、西棟北出入口付近、北西角の縁石上、北西角、西側自販機前に合計9本の吸い殻がポイ捨てされていた。木曜午後以降にポイ捨てされたものと推測される。


【2017年1月12日(木)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は全く見られなかったものの、東棟北出入口付近、東棟・西棟連絡通路、西棟北出入口付近、北西角の縁石上、北西角、西側自販機前に合計11本の吸い殻がポイ捨てされていた。水曜日の午後は授業は少なかったものの、何らかの講座が開かれており、大教室は満員状態であった。それらの受講生の中のごく少数のニコチン依存者が悪質喫煙、ポイ捨てを行ったものと推測される。


【2017年1月12日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川右岸・教育学部南〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい朝となった。昨日の朝、教育学部南の座主川遊歩道に通じる小階段で男子学生1名が腰を下ろしていたのを見かけたので、現場に立ち寄ってみたところ、新しい吸い殻が、階段上の2本、遊歩道沿いに1本ポイ捨てされていた。但し、昨日の学生によるものかどうかは未確認。このあたりは落ち葉が多く、火災発生の危険が特に大きいように思われる。それ以外にも、教育学部東門の橋と右岸遊歩道入り口付近、「レトロな門」周辺、理学部南ベンチ広場などには大量のポイ捨てがあった。


【2017年1月11日(水)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は全く見られなかったものの、北西角の縁石上、北西角、26番外側階段、西側自販機前に合計5本の吸い殻がポイ捨てされていた。この付近には禁煙を呼びかけるポスターが多数張り出されているが、それらを一切無視して違反喫煙し、しかも吸い殻を平気で投げ捨てるという悪質喫煙者たちの傍若無人ぶりがまたまた露呈した。


【2017年1月11日(水)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい朝となった。教育学部南の座主川遊歩道に通じる小階段に男子学生1名が腰を下ろしてスマホを操作していたが、喫煙行為は確認できなかったのでそのまま立ち去った。明日以降、同じ場所を通行する予定。
 なお、路上各所にポイ捨て吸い殻があり、特に、岡大東門バス停北のベンチ広場と、理学部南ベンチ広場付近には、多数の吸い殻がポイ捨てされていた。


【2017年1月10日(火)】
 午後、教養教育科目担当のため岡大西門〜座主川沿い・理学部南ベンチ広場付近を複数回通過したが、ベンチ広場付近での喫煙は見られずまことに清々しい午後となった。
 前回、E棟東側で隠れ喫煙をし、火の付いた吸い殻をそのまま投げ捨てて立ち去ろうとした男子学生2名を見かけたが、今回、2階から観察した限りにおいては同じ時間帯には喫煙行為は見られなかった。


【2017年1月10日(火)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は全く見られなかったものの、北西角に2本、26番外側階段に1本、合計3本の吸い殻がポイ捨てされていた。3連休の間のどの時間帯の喫煙なのかは確認できないが、相変わらず、きわめて悪質な喫煙、ポイ捨ては後を絶たないようだ。ニコチン依存という病気によるモラル崩壊の恐ろしさが実感される。


【2017年1月6日(金)】
 朝、文法経講義棟周辺を巡回したところ、喫煙行為は全く見られなかったものの、西棟北出入口付近と北西角グラウンド側に合計2本の吸い殻がポイ捨てされていた。前日から授業が始まったので、見回りの回数を増やすことにしたい。


【2017年1月6日(金)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい朝となった。路上各所にポイ捨て吸い殻があり、特に、岡大東門バス停北のベンチ広場と、「レトロな門」東一帯にはそれぞれ20本以上がポイ捨てされていた。また理学部南の座主川沿いには落ち葉に混じった吸い殻があり、火災発生の場合、隣接する民家に被害が及ぶ恐れがあるように見えた。


【2017年1月5日(木)】
 朝、座主川遊歩道(東端〜座主川左岸・岡大東門バス停北ベンチ広場〜岡大東門〜(民有地)〜理学部南〜岡大西門)を通過したが、喫煙行為は全く見られずまことに清々しい朝となった。昨年末に、火災予防のための「危険喫煙」対策の提言を行ったところであるが、座主川沿いは落ち葉が多く、最も危険なレベルにあるように思えた。特に最近の喫煙者は、スマホを操作しながら喫煙しているため、飛び散った火の粉の行方まで注意を向けておらず、特に危険。





岡大・長谷川の公用サイトTopへ



2014.6.10.から